vRealize Operations Manager では、高可用性 (HA) がサポートされています。HA により vRealize Operations Manager マスター ノードのレプリカが作成され、分析クラスタをノードの喪失から保護します。

HA により、マスター ノードで保管されているデータの 100% がレプリカ ノードで常にバックアップされます。HA を有効にするには、マスター ノードに加えて、少なくとも 1 つのデータ ノードがデプロイされている必要があります。

  • HA は、ディザスタ リカバリのメカニズムではありません。HA により、分析クラスタは 1 つのノードのみの喪失から保護され、1 つの喪失のみがサポートされるため、ノードの分離や障害ゾーンの構築の試行に際して複数の vSphere クラスタ間でノードを共有できません。

  • HA が有効である場合、何らかの理由でマスターに障害が発生した場合に、レプリカはマスターが提供するすべての機能を引き継ぐことができます。マスターに障害が発生すると、レプリカへのフェイルオーバーが自動的に行われ、操作とデータ収集の再開までに 2 ~3 分の vRealize Operations Manager ダウンタイムのみを要します。

    マスター ノードの問題でフェイルオーバーが発生すると、レプリカ ノードがマスター ノードになり、クラスタはデグレード モードで実行します。デグレード モードから脱するには、次のいずれかの手順を実行してください。

    • マスター ノードに関わる問題を修正して、HA モードに戻ります。マスター ノードは、HA 有効クラスタから抜けると、手動での介入なしではクラスタに再参加しません。したがって、ダウンしたノードで vRealize Operations 分析プロセスを再起動して、ノードの役割をレプリカに変更し、クラスタに再参加します。

    • 1 つのデータ ノードを新しいレプリカ ノードに変換して、障害が発生した古いマスター ノードを削除します。削除されたマスター ノードは、修理して vRealize Operations Manager に再度追加することはできません。

    • HA を無効にして非 HA 動作に変更し、障害が発生した古いマスター ノードを削除します。削除されたマスター ノードは、修理して vRealize Operations Manager に再度追加することはできません。

  • 管理インターフェイスで、HA レプリカ ノードが引き継がれて新しいマスター ノードになった後、以前のオフラインのマスター ノードをクラスタから削除できません。さらに、以前のノードが引き続きマスター ノードとしてリストされます。表示を更新してノードの削除を有効にするには、ブラウザを更新します。

  • HA が有効である場合、1 つのデータ ノードが失われても、データを失うことなくクラスタを継続できます。ただし、HA では、どのような場合でも同時に 1 つのノードの喪失のみが保護されるため、データ ノードとマスター/レプリカ ノードの同時喪失、または2 つ以上のデータ ノードの喪失はサポートされません。その代わり、vRealize Operations Manager の HA では、アプリケーション レベルの可用性を確保するための追加のアプリケーション レベルのデータ保護が提供されます。

  • HA が有効である場合、vRealize Operations Manager のキャパシティおよび処理能力は半分に低減されます。これは、HA によりクラスタ全体のデータの冗長コピーが作成され、マスター ノードのレプリカ バックアップも作成されるためです。vRealize Operations Manager クラスタ ノードの数およびサイズを計画する際は、HA を使用する可能性についても考慮してください。vRealize Operations Manager クラスタのサイジング を参照してください。

  • HA を有効化する場合、分析クラスタ ノードを個別のホスト上で展開し、冗長性と分離を確保してください。ノードを vSphere クラスタ内の特定のホスト上に保持する非アフィニティ ルールを使用する方法があります。

    ノードが分離された状態で維持できない場合、HA を有効にするべきではありません。ホストに障害が発生すると、1 つ以上のノードが失われます。これはサポートされず、vRealize Operations Manager 全体が使用不可能になります。

    逆もまた真です。HA を使用しない場合、複数のノードを同じホスト上で保持でき、この場合も上記と同様です。HA を使用しない場合、1 つでもノードが失われると vRealize Operations Manager 全体が使用不可能になります。

  • データ ノードをパワーオフして、仮想マシンのネットワーク設定を変更すると、データ ノードの IP アドレスが影響を受けます。その時点で、HA クラスタにアクセスできなくなり、すべてのノードがステータス「Analytics を待機しています」になります。固定 IP アドレスを使用していることを確認してください。

  • 1 つ以上の vCenter アダプタを持ち、HA 有効クラスタからデータを収集するように構成したノードを削除すると、そのノードに関連した vCenter アダプタは収集を停止します。ノードを削除する前に、別のノードに接続するようにアダプタ構成を変更してください。

  • 管理ユーザー インターフェイスに表示されるリソース キャッシュ カウントは、アクティブ オブジェクトのみの合計ですが、インベントリ エクスプローラにはすべてのオブジェクトが表示されます。このため、HA 有効クラスタからノードを削除して、vCenter アダプタでデータ収集と各ノードの再調整をできるようにすると、インベントリ エクスプローラには、管理ユーザー インターフェイスの表示とは異なるオブジェクト数が表示されます。