vRealize Operations Manager で、vRealize Operations Manager のアクションを使用して、vCenter Server で選択されているオブジェクトの状態または構成を変更できます。たとえば、疑わしいリソース問題に取り組んだり、リソースを再配分して仮想インフラストラクチャを最適化したりする目的で、オブジェクト構成を変更する必要が生じることがあります。

アクションの使用目的として最も多いのは、問題の解決です。アクションをトラブルシューティング手順の一部として実行することも、アラートに対応するための推奨される解決策としてアクションを追加することもできます。

vRealize Operations Managerでユーザーにアクションのアクセス権を与えると、そのユーザーは、vRealize Operations Manager 以外でアクセス可能なオブジェクトだけでなく、vRealize Operations Manager が管理するすべてのオブジェクトへのアクションが許可されます。

問題のトラブルシューティングを行うときには、中央ペインの [アクション] メニュー、またはサポートされているオブジェクトが含まれている、リスト ビューのツールバーからアクションを実行できます。

アラートが起動されて、問題の解決には推奨されているアクションが最適と判断した場合には、1 つ以上のオブジェクトに対してそのアクションを実行できます。