vCenter アダプタでは、環境内のカスタム データ センター オブジェクトでアラートを生成するアラート定義が提供されています。

リスク/シンプトムベース

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

リスク

重要度

シンプトムベース

アラートの定義

シンプトム

推奨

カスタム データ センターの CPU「デマンド」ワークロードが不均衡になっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • DRS が有効になりました

  • DRS が完全に自動化されました

  • CDC の CPU「デマンド」ワークロードが不均衡になっています

  • CDC の CPU「デマンド」ワークロードには大きな差があります

  • CDC の 1 つ以上のクラスタで、CPU「デマンド」ワークロードが高い状態です

コンテナをリバランスして、ワークロードをより均等に配分します。

カスタム データ センターのメモリ「デマンド」ワークロードが不均衡になっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • DRS が有効になりました

  • DRS が完全に自動化されました

  • CDC のメモリ「デマンド」ワークロードが不均衡になっています

  • CDC のメモリ「デマンド」ワークロードには大きな差があります

  • CDC の 1 つ以上のクラスタで、メモリ「デマンド」ワークロードが高い状態です

コンテナをリバランスして、ワークロードをより均等に配分します。

カスタム データ センターのメモリ「消費」ワークロードが不均衡になっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • DRS が有効になりました

  • DRS が完全に自動化されました

  • CDC のメモリ「消費」ワークロードが不均衡になっています

  • CDC のメモリ「消費」ワークロードには大きな差があります

  • CDC の 1 つ以上のクラスタで、メモリ「消費」ワークロードが高い状態です

コンテナをリバランスして、ワークロードをより均等に配分します。