vRealize Operations Managerデータ ノードをマスタ ノードのレプリカに変換できます。この変換により、vRealize Operations Manager に高可用性 (HA) が追加されます。

始める前に

  • vRealize Operations ManagervApp をデプロイしてノードを作成します。

  • または、Linux 用の vRealize Operations ManagerEnterprise インストーラを実行してノードを作成することもできます。

  • マスター ノードを作成および構成します。

  • データ ノードを作成し、このデータ ノードに固定 IP アドレスを構成します。

  • マスタ ノードの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレスを控えます。

このタスクについて

注:

クラスタが稼働している場合は、HA の有効化によってクラスタが再起動されます。

データの収集と分析にすでに使用されているデータ ノードを変換すると、そのデータ ノードを介して提供されたアダプタとデータ接続は他のデータ ノードにフェイルオーバーします。

vRealize Operations Managerクラスタへの HA の追加は、インストール時に行うこともvRealize Operations Manager が稼働し始めてから行うことも可能です。インストール時に HA を追加する方が影響が少なくてすみます。これはクラスタがまだ起動していないためです。

手順

  1. Web ブラウザで、マスタ ノード管理インターフェイスに移動します。

    https://master-node-name-or-ip-address/admin

  2. vRealize Operations Manager管理者のユーザー名として admin と入力します。
  3. vRealize Operations Manager管理者のパスワードを入力し、ログイン をクリックします。
  4. [高可用性] で、有効化 をクリックします。
  5. マスタ ノードのレプリカとして機能するデータ ノードを選択します。
  6. このクラスタ用に高可用性を有効化する オプションを選択し、OK をクリックします。

    クラスタがオンラインだった場合、vRealize Operations Managerが HA 向けにクラスタの構成、同期、再バランシングを行う間、管理インターフェイスには進捗が表示されます。

  7. マスター ノードおよびレプリカ ノードがオフラインになっていて、レプリカがオンラインになったときに何らかの理由でマスターがオフラインのままになっている場合、レプリカ ノードはマスター ロールを引き継がず、データ ノードを含むクラスタ全体がオフラインになります。この際、レプリカ ノードのコマンド ライン コンソールにルートとしてログインします。
  8. テキスト エディタで $ALIVE_BASE/persistence/persistence.properties を開きます。
  9. 次のプロパティを見つけて設定します:
    db.role=MASTER
    db.driver=/data/vcops/xdb/vcops.bootstrap
  10. persistence.properties を保存して閉じます。
  11. 管理インターフェイスで、レプリカ ノードをオンラインにし、マスター ノードになったことを確認してから、残りのクラスタ ノードをオンラインにします。

次のタスク

マスター レプリカ ノードを作成した後、次のオプションがあります。

  • 新しい起動されていないクラスタ:

    • データ ノードを作成して追加します。

    • リモート コレクタ ノードを作成して追加します。

    • vRealize Operations Manager の起動 をクリックしてクラスタを起動し、この製品にログインして構成を完了します。

      クラスタとノードのサイズに応じ、クラスタの起動は 10 ~ 30 分かかる可能性があります。クラスタの起動が進行している間は、クラスタ ノードに対する変更やアクションを避けてください。

  • 確立されている実行中のクラスタ:

    • データ ノードを作成して追加します。

    • リモート コレクタ ノードを作成して追加します。