営業担当副社長から問題があるとして報告された仮想マシンに、問題の原因を示唆するアラートがあるかどうかを確認するには、vRealize Operations Manager で該当オブジェクトのアラートを確認します。

始める前に

顧客の仮想マシンを見つけて、関連するアラートを確認できるようにします。特定のオブジェクトの検索 を参照してください。

このタスクについて

ユーザーから報告されたオブジェクト以外のオブジェクトに関するアラートを確認することで、深い洞察を得ることができます。

手順

  1. 問題のあるオブジェクトの サマリ タブをクリックします。

    サマリ タブには、該当オブジェクトのアクティブなアラートと、トップ アラートとして分類された子孫オブジェクトのアラートが表示されます。

  2. 健全性、リスク、および効率のトップ アラートを確認します。

    トップ アラートは、アラート バッジの現在の状態をもたらした主な原因と考えられます。遅い応答の問題の原因と思われるトップ アラートがありますか?たとえば、仮想マシンへのメモリの追加が必要であることを示すバルーニング アラートやスワッピング アラートがありますか?ホストへのメモリの追加が必要であることを示す、メモリの競合に関するアラートがありますか?

  3. 報告された問題を説明すると思われる上位の問題が サマリ タブに表示されてない場合は、アラート タブをクリックします。

    アラート タブには、現在のオブジェクトに関するすべてのアクティブなアラートが表示されます。

  4. アラートを参照し、報告された問題と似ているか、その問題の原因となった問題があるかどうかを確認します。
    1. アクティブなアラートとキャンセルされたアラートを表示するには、ステータス:アクティブ をクリックし、フィルタをクリアして、アクティブおよび非アクティブなアラートを表示します。

      キャンセルされたアラートが問題に関する情報を提供する場合があります。

    2. 作成日時 列をクリックしてアラートを並べ替えることで、顧客から問題が報告された時点以前に発生したアラートを見つけることができます。
    3. 仮想マシンのアラートと同じリストに先祖オブジェクトのアラートを表示するには、上矢印をクリックし、ホスト システムクラスタ コンピューティング リソース(環境で構成されている場合)を選択します。

      これらのオブジェクト タイプをリストに追加することで、親オブジェクトのアラートが、報告された問題の原因となっているかどうかを確認できます。

  5. 報告された問題を説明すると思われるアラートが見つかったら、アラート リストでそのアラート名をクリックします。
  6. アラートの詳細の サマリ タブで、トリガーされた症状と推奨事項を確認し、報告された問題の根本原因をアラートが示しているかどうかを確認します。

次のタスク