現在のポリシー ウィジェットには、オブジェクトまたはオブジェクトのグループに割り当てられたアクティブな運用ポリシーが表示されます。vRealize Operations Managerでは、割り当て済みポリシーを使用してオブジェクトを分析し、それらのオブジェクトから収集されたデータを制御し、問題が発生した際にはアラートを生成して、結果をダッシュボードに表示します。

現在のポリシー ウィジェットと構成オプションの動作

どの運用ポリシーがオブジェクトまたはオブジェクトのグループに適用されているかを容易に見ることができるように、ダッシュボードに現在のポリシー ウィジェットを追加します。ウィジェットをダッシュボードに追加するには、ユーザー アカウントに割り当てられたロールに関連付けられているアクセス権限が必要です。ダッシュボードの [オブジェクト リスト] でオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトに関連付けられたポリシーがウィジェットにより表示されます。

現在のポリシー ウィジェットをダッシュボードに追加した後、ウィジェット ツールバーの鉛筆をクリックして、ウィジェットを編集し、ウィジェットに表示する情報を編集します。編集時にウィジェット内のオブジェクトを選択するかどうかにかかわらず、セルフ プロバイダ設定も含め、ウィジェットに変更を加えることで、オブジェクトまたはオブジェクト グループに割り当てられている現在のポリシーを特定するために使用できるダッシュボードでウィジェットのカスタム インスタンスが作成されます。

現在のポリシー ウィジェットと構成オプションが存在する場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

現在のポリシー ウィジェットには、ウィジェットの折りたたみ、編集、ヘルプの取得、および終了のツールバー オプションがあります。現在のポリシー ウィジェットをダッシュボートに追加するには、ダッシュボードを作成または編集し、ウィジェット リストでウィジェットをクリックし、それをダッシュボード ワークスペースにドラッグします。ダッシュボードにウィジェットを追加した後、ウィジェットを構成します。

現在のポリシー ウィジェットが構成された状態で、ダッシュボード上で(オブジェクト リスト ウィジェット内など)オブジェクトを選択した場合、オブジェクトに適用されたポリシーが、ポリシーの詳細への組み込みリンクとともに現在のポリシー ウィジェット内に表示されます。適用されたポリシーの継承された設定およびローカル設定を表示するには、このリンクをクリックします。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、コンテンツ > ダッシュボード の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、追加 アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、編集 アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で ウィジェット リスト をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

現在のポリシー ウィジェットでは、ウィジェットがセルフ プロバイダになるように設定するか、ウィジェットの相互作用を設定して、ウィジェットがオブジェクトに適用されているポリシーを示すために必要なデータを受け取るようにする必要があります。

  • 現在のポリシー ウィジェットをセルフ プロバイダとして設定するには、ウィジェット構成を編集して、セルフ プロバイダ を選択します。

  • オブジェクト リスト ウィジェットのようなオブジェクトを持つには、ダッシュボードを作成または編集するときに、ダッシュボード上で現在のポリシー ウィザードにデータを提供し、ウィジェットの相互作用 をクリックし、ワークスペースでオブジェクトを選択して、現在のポリシー ウィザードにデータを提供します。

ウィジェットの相互作用を参照してください。

現在のポリシー ウィジェットの構成とデータ グリッド オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

たとえば、オブジェクト リスト ウィジェットで選択する各オブジェクトに適用されるポリシーを表示するには、セルフ プロバイダで Off を選択します。

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

このテキスト ボックスは、オブジェクト リストで選択したオブジェクトによって自動で入力されます。

ページあたり

各ページに表示するオブジェクトの数。

検索

ウィジェットのデータを特定します。

ポリシー

オブジェクトまたはオブジェクト グループに適用される運用ポリシー。

名前

オブジェクトまたはオブジェクト グループ名

説明

オブジェクトまたはオブジェクト グループの説明

アダプタ タイプ

オブジェクトが適用されるアダプタ。

オブジェクト タイプ

オブジェクト タイプまたはオブジェクト グループ タイプ。

ポリシー

オブジェクトまたはオブジェクト グループに適用されるポリシーの名前。

作成時間

ポリシーが作成された日時。

メンテナンス スケジュール

ポリシーに定義されている場合、メンテナンス タスクを実行する日時。メンテナンス時間中、vRealize Operations Managerではメトリックの収集および分析の計算が行われません。

識別子 1 ~ 5

各オブジェクトの一意の識別子。これらの識別子はオブジェクト間の関係を示します。

  • 識別子 1。オブジェクト名。これは名前と同じで、フル ドメイン名を含むことができます。

  • 識別子 2。仮想マシン、データセンター、ホストなどのオブジェクトごとのオブジェクト識別子またはオブジェクト グループ識別子。タイプと数が含まれます。

  • 識別子 3。特定のオブジェクト識別子、または長い識別子。

  • 識別子 4。長い識別子。

  • 識別子 5。オブジェクトの IP アドレス。

オブジェクト フラグ

オブジェクトの状態を示します。例:正常。

収集状態

vRealize Operations Managerのオブジェクトからのデータ収集の状態を示します。

収集ステータス

収集のステータスを示します。