vRealize Operations Manager をすでにインストールしている場合は、新しいバージョンが入手可能になったときにソフトウェアを更新できます。

始める前に

  • クラスタ内の各ノードのスナップショットを作成します。詳細については、更新の一部としてのスナップショット作成を参照してください。

  • クラスタの PAK ファイルを入手します。詳細については、ソフトウェア アップデート PAK ファイルの入手を参照してください。

  • PAK ファイルを vRealize Operations Manager インストールするか、インスタンスをアップグレードする前に、カスタマイズしたコンテンツを保存するためにクローンを作成します。カスタマイズしたコンテンツには、アラートの定義、シンプトムの定義、推奨事項、およびビューを含めることができます。そして、ソフトウェアのアップデート時に、インストール済みの場合でも PAK ファイルをインストールします オプションおよび 初期状態のコンテンツのリセット オプションを選択します。

  • バージョン 6.2.1 vRealize Operations Manager の更新処理では、ソフトウェアの更新を開始する前に、問題を識別する検証プロセスが行われます。更新前チェックを実行し、検出された問題を解決することをお勧めしますが、環境に制約があるユーザーはこの検証チェックを無効にできます。

    更新前の検証チェックを無効にするには、次の手順を実行します:

    • /storage/db/pakRepoLocal/bypass_prechecks_vRealizeOperationsManagerEnterprise-buildnumberofupdate.json に対して更新ファイルを編集します。

    • 値を TRUE に変更し、更新を実行します。

    注:

    この検証を無効にした場合、更新自体でブロッキングの障害が発生することがあります。

このタスクについて

注:

クラスタとノードのサイズやタイプによって、インストールに数分または数時間かかる場合があります。

手順

  1. クラスタのマスター ノード vRealize Operations Manager 管理者インターフェイスである https://master-node-FQDN-or-IP-address/admin にログインします。
  2. 左パネルの ソフトウェア アップデート をクリックします。
  3. メイン パネルの ソフトウェア アップデートのインストール をクリックします。
  4. ウィザードの手順に従って、PAK ファイルを見つけてインストールします。
    1. 仮想アプライアンスのデプロイを更新する場合は、OS アップデートを実行します。

      これにより、仮想アプライアンスの OS がアップデートされ、各仮想マシンが再起動されます。

    2. 製品アップデート PAK ファイルをインストールします。

      ソフトウェア アップデートが完了するまで待ちます。完了すると、管理者インターフェイスからログアウトされます。

  5. マスター ノードの管理者インターフェイスに再ログインします。

    メインの [クラスタのステータス] ページが表示され、クラスタが自動的にオンラインになります。ステータス ページには [オンラインにする] ボタンも表示されますが、これはクリックしないでください。

  6. ブラウザ キャッシュを消去し、ブラウザ ページが自動で更新されない場合は、ページの表示を更新してください。

    クラスタのステータスが [オンライン化] に変わります。クラスタのステータスが [オンライン] に変わったらアップグレードの完了です。

    注:

    PAK ファイル アップデートのインストール プロセス中に、クラスタがダウンしてステータスがオフラインに変わると、一部のノードが使用不可能になります。この状況を解消するには、管理者インターフェイスにアクセスして、該当クラスタを手動でオフラインにし、インストールの完了 をクリックしてインストール プロセスを続行します。

  7. ソフトウェア アップデート をクリックして、更新が完了したことを確認します。

    メイン ペインに、更新が正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。

次のタスク

ソフトウェア アップデートの前に作成したスナップショットを削除します。

注:

複数のスナップショットがあるとパフォーマンスが低下することがあるため、ソフトウェア アップデートの完了後は、更新前のスナップショットを削除してください。