認証情報は、外部データ ソースでの接続を認証するためにアダプタが使用する、ユーザー名やパスワードなどの構成設定の集合です。 この他に、ドメイン名、パス フレーズ、またはプロキシ認証情報などの認証情報が含まれる場合もあります。 変化し続ける環境を管理するために、1 つ以上のソリューションを構成してデータ ソースに関連付けることができます。

認証情報を確認できる場所

左側のペインで、管理 アイコンをクリックした後、認証情報 をクリックします。

表 1. 認証情報オプション

オプション

説明

ツールバー オプション

選択した認証情報の管理。

  • 新規認証情報の追加。アダプタ タイプに新しい認証情報を追加します。これは後でアダプタを構成する際に適用できます。

  • 選択した認証情報の編集。選択した認証情報を変更します。通常はユーザー名とパスワードの変更が必要な場合に行います。変更は現在のアダプタ認証情報に適用され、データ ソースは vRealize Operations Manager と引き続き通信します。

  • 選択した認証情報の削除。vRealize Operations Manager から選択した認証情報を削除します。 これらの認証情報を使用するアダプタがある場合、通信は失敗し、そのアダプタが管理するように構成されていたオブジェクトの監視を停止します。 通常は誤って構成された認証情報を削除するために使用されます。

フィルタリング オプション

アダプタまたは認証情報のタイプに基づいて、表示される認証情報を制限します。

認証情報名

認証情報を管理するために提供するユーザー定義の名前の記述。 アカウント ユーザー名ではありません。

アダプタ タイプ

認証情報を構成するアダプタのタイプ。

認証情報タイプ

アダプタに関連付けられた認証情報のタイプ。 一部のアダプタでは、複数のタイプの認証情報がサポートされます。 たとえば、1 つのタイプの認証情報でユーザー名とパスワードを定義し、もう 1 つの認証情報でパス コードとキー フレーズを定義できます。