vRealize Operations Manager の管理インターフェイスを使用すると、選択したメンテナンス機能(製品のインターフェイスではサポートされていない)にアクセスすることができます。

以下のような場合には、製品のインターフェイスではなく、vRealize Operations Manager の管理インターフェイスを使用してください。管理インターフェイスのログイン ページには、vRealize Operations Manager 分析クラスタの任意のノードからアクセスすることができます。そのためには、URL をブラウザに入力する際に、ノード IP アドレスまたは FQDN の末尾に /admin を付けます。

  • 高可用性 (HA) は、有効か無効にする必要があります。

  • vRealize Operations Manager ソフトウェア更新 PAK ファイルをアップロードし、インストールする必要があります。

  • 製品のインターフェイスにアクセスすることができない場合、ノードをオンラインにするか、ノードまたはクラスタを再起動することによって問題を修正する必要があります。

  • vRealize Operations Manager は、いかなる理由の場合も再起動する必要があります。

ログへのアクセス、サポート バンドル、およびクラスタの再起動が含まれない一部のノード メンテナンス作業(たとえば、ノードの追加)などに関して、管理インターフェイスと製品のインターフェイスの間には一部重複があることに注意してください。