属性タイプを選択してポリシーに含め、vRealize Operations Managerが環境内のオブジェクトからデータを収集可能にすることができます。 属性タイプには、メトリック、プロパティ、およびスーパー メトリックが含まれます。各メトリックを有効化または無効化し、ワークスペースで選択したベース ポリシーからメトリックを継承するかどうかを決定します。

[メトリックとプロパティの収集] ワークスペースの仕組み

ポリシーを作成またはカスタマイズするときに、基本ポリシー設定をオーバーライドして、vRealize Operations Managerでアラートを生成するために使用するデータを収集したり、ダッシュボード スコアで結果をレポートできるようにします。

内容 > 症状の定義 で、メトリックとスーパーメトリック症状、メトリック イベント症状、プロパティ症状を定義します。

ポリシー属性をオーバーライドする場所

ポリシーのアラートの属性とプロパティ設定をオーバーライドするには、管理 を選択し、ポリシー をクリックして、ポリシー ライブラリ タブをクリックし、プラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆アイコンをクリックしてポリシーを編集します。 [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースの左側で、メトリックとプロパティの収集 をクリックします。選択したオブジェクト タイプの属性とプロパティ設定がワークスペースに表示されます。

表 1. [メトリックとプロパティの収集] のオプション

オプション

説明

アクション

1 つ以上の属性を選択し、[有効化]、[無効化]、または [継承] を選択してこのポリシーの状態と KPI を変更します。

フィルタ オプション

属性タイプ状態KPI動的しきい値 ドロップダウン メニューでオプションの選択を解除し、属性のリストを絞り込みます。

  • 属性が計算されることを示す緑色のチェック アイコン。 有効化。属性が計算されることを示しています。

  • 属性が計算されることを示す緑色のチェック アイコン。 有効化(強制)。依存性に帰因する状態の変化を示しています。

  • 属性が計算されないことを示す赤色の円形アイコン。 無効化。属性が計算されないことを示しています。

  • この属性の状態が継承され、計算されることを示す灰色のチェック アイコン。 継承済み。この属性の状態が基本ポリシーから継承され、計算されることを示しています。

  • この属性の状態が継承され、計算されないことを示す灰色の円形アイコン。 継承済み。この属性の状態が基本ポリシーから継承され、計算されないことを示しています。

[KPI] では、vRealize Operations Managerがダッシュボードに収集されたデータをレポートするときに、メトリック、プロパティ、またはスーパー メトリック属性を主要なパフォーマンス インジケータ (KPI) としてみなすかどうかを指定します。KPI の状態をフィルタリングし、KPI が有効、無効、または継承のいずれであるかに基づいて、ポリシーの属性を表示します。

オブジェクト タイプ

オブジェクト タイプで属性のリストをフィルタします。

ページ サイズ

1 ページあたりに一覧表示する属性の数。

属性データ グリッド

特定のオブジェクト タイプの属性を表示します。

  • 名前。選択したオブジェクト タイプのメトリックまたはプロパティの名前を特定します。

  • タイプ:メトリック、プロパティ、またはスーパー メトリックのいずれかになる属性のタイプを区別します。

  • アダプタ タイプ。選択したオブジェクト タイプ(ストレージ デバイスなど)に基づいて使用するアダプタを特定します。

  • オブジェクト タイプ。環境内のオブジェクトのタイプ(StorageArray など)を特定します。

  • 状態。メトリック、プロパティ、またはスーパー メトリックが基本ポリシーから継承されているかどうかを示します。

  • KPI。主要なパフォーマンス インジケータが基本ポリシーから継承されているかどうかを示します。KPI の違反が発生すると、vRealize Operations Managerがアラートを生成します。

  • 動的しきい値。動的しきい値 (DT) が基本ポリシーから継承されているかどうかを示します。