シングル サインオン ソースの管理に使用される管理者認証情報を変更する必要がある場合、またはソースのホストを変更した場合は、シングル サインオン ソースを編集します。

このタスクについて

SSO ソースを構成するときは、シングル サインオン サーバが存在するホスト マシンの IP アドレスか FQDN を指定します。新しいホストを構成したい場合、つまり、ソースが設定されたときに構成したホスト マシンとは異なるホスト マシンにシングル サインオン サーバが配置されている場合、vRealize Operations Manager では、現在の SSO ソースが削除され、新しいソースが作成されます。この場合、新しい SSO ソースに関連付けるユーザーを再インポートする必要があります。

vRealize Operations Manager で現在のホストを識別する方法を変更したい場合、たとえば、IP アドレスから FQDN に変更する場合や、その逆を行う場合、または構成済み PSC の IP アドレスが変更されていれば PSC の IP アドレスを更新したい場合、vRealize Operations Manager では、現在の SSO ソースが更新されるため、ユーザーを再インポートする必要はありません。

手順

  1. vRealize Operations Manager に管理者としてログインします。
  2. 管理 を選択し、認証ソース を選択します。
  3. シングル サインオン ソースを選択し、編集 アイコンをクリックします。
  4. シングル サインオン ソースに変更を行い、OK をクリックします。

    新しいホストを構成している場合、[新しいシングル サインオン ソースが検出されました] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. シングル サインオン ソースを設定したときに使用した管理者認証情報を入力し、OK をクリックします。

    現在の SSO ソースが削除され、新しいソースが作成されます。

  6. OK をクリックして証明書を受け入れます。
  7. SSO ソースに関連付けるユーザーをインポートします。