別のマシン上にある LDAP データベースやシングル サインオン サーバなど、外部ソースからユーザー アカウントをインポートして、これらのユーザーが vRealize Operations Manager の特定の機能やオブジェクトにアクセスするための権限を付与することができます。

始める前に

手順

  1. vRealize Operations Manager からログアウトしてから、システム管理者としてログインします。
  2. vRealize Operations Manager で、管理 を選択し、アクセス コントロール をクリックします。
  3. ツールバーで ユーザーのインポート アイコンをクリックします。
  4. 認証ソースからユーザー アカウントをインポートするオプションを指定します。
    1. [ユーザーのインポート] ページで、インポート元 ドロップダウン メニューから認証ソースを選択します。
    2. ドメイン名 ドロップダウン メニューで、ユーザーをインポートするドメイン名を入力して 検索 をクリックします。
    3. インポートするユーザーを選択して、次へ をクリックします。
    4. グループ タブで、このユーザー アカウントを追加するユーザー グループを選択します。
    5. オブジェクト タブをクリックし、admin_cluster ロールを選択して、このロールをユーザーに割り当てます チェック ボックスを選択します。
    6. オブジェクト階層のリストで vRealize Operations クラスタ チェック ボックスをオンにし、完了 をクリックします。
  5. vRealize Operations Manager からログアウトします。
  6. インポートしたユーザーとして、vRealize Operations Manager にログインします。
  7. インポートしたユーザー アカウントで vRealize Operations クラスタ内のオブジェクトのみにアクセスできることを確認します。

タスクの結果

外部のユーザー データベースやサーバから vRealize Operations Manager へユーザー アカウントをインポートしてロールを割り当て、このロールを持つユーザーがアクセスできるオブジェクトを割り当てました。

これでこのシナリオは終了です。