スパークライン グラフ ウィジェットには、vRealize Operations Manager内のオブジェクトのメトリックを含むグラフが表示されます。vRealize Operations Managerでは、カスタム ダッシュボードに追加するオブジェクトのメトリックを含む 1 つ以上のグラフを作成できます。

スパークライン グラフ ウィジェットの仕組み

スパークライン グラフ ウィジェット内のすべてのメトリックが、別のウィジェットで提供されるオブジェクトに関するものである場合、そのオブジェクト名がウィジェットの右上に表示されます。ウィジェット構成の編集時にメトリックを選択すると、ウィジェットではそのメトリックおよび対応するオブジェクトがダッシュボードの相互作用のソースとして使用されます。グラフの線は、指定期間における選択されたメトリックの平均値を示します。グラフの囲み領域は、メトリックの動的しきい値を示します。

スパークライン グラフ ウィジェットのグラフにポインタを置くと、メトリックの値がツール チップの形で表示されます。また、グラフの最大値と最小値を表示することもできます。値はオレンジのドットで表示されます。

スパークライン グラフ ウィジェットを 1 つまたは複数のカスタムのダッシュボードに追加し、他のダッシュボード ユーザーにとって重要なデータを表示するように構成できます。ウィジェットには、各ウィジェット インスタンスに構成済みオプションに基づいてデータが表示されます。

スパークライン グラフ ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

スパークライン チャート ウィジェットのツールバー

スパークライン チャート ウィジェットの最上部にあるツールバーには、グラフのビューを変更するのに使用できるアイコンが含まれています。

アイコン

説明

ダッシュボードのナビゲーション

選択したオブジェクトが移動先のダッシュボードでも使用可能な場合、別のダッシュボードに移動できます。別のダッシュボードに移動できるようにするには、ダッシュボードを作成または編集するときに関連オプションを構成します。

更新

ウィジェット データを更新します。

時間の範囲

グラフに表示する時間範囲を選択します。デフォルトの時間範囲リストから期間を選択するか、開始日時と終了日時を選択することができます。

すべてを削除する

すべてのグラフを削除します。

スパークライン グラフ ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

オブジェクト名を表示

スパークライン グラフ ウィジェットで、メトリック名の前にオブジェクトの名前を表示できます。

  • オン。ウィジェットでメトリック名の前にオブジェクトの名前を表示します。

  • オフ。ウィジェットでオブジェクトの名前を表示しません。

メトリック構成

情報が別のウィジェットとの相互作用に基づいている場合、表示する属性を持つリストを指定します。

CLI ディレクトリを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、リソース相互作用 XML ファイルの追加を参照してください。ユーザー インターフェイスを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、メトリック構成の管理を参照してください。

新規作成された XML ファイルがウィジェットの メトリック構成 ドロップダウン メニューに表示されます。

コラムのシーケンス

情報の表示順序を選択します。

  • グラフが先。メトリック グラフがウィジェット表示の最初の列に表示されます。

  • ラベルが先。メトリック ラベルがウィジェット表示の最初の列に表示されます。

オブジェクト

ウィジェットの構成時に特定のオブジェクトのメトリックを選択できます。

1 つまたは複数のタグ値を選択して、オブジェクト リストのペインに表示されるオブジェクトをフィルタリングできます。

リストの最上部にあるツールバーのアイコンを使用して、リスト内のすべてのタグの折りたたみおよび選択解除を行うことができます。

オブジェクト リストが表示されるペインで、ツールバー オプションを使用して 1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。

  • 選択内容をすべてクリアするには、選択のクリア アイコンをクリックします。

  • 複数のオブジェクトを選択するには、複数選択の相互作用の実施 アイコンをクリックします。

  • ペインに表示するオブジェクトの数を設定するには、ページ サイズ フィールドで値を選択します。

  • オブジェクトを検索するには、オブジェクト名の全部または一部を フィルタ テキスト ボックスに入力します。

選択したオブジェクトに対応するメトリックが、メトリック リストのペインに表示されます。

メトリックのリストが表示されるペインで、ツールバー オプションを使用して、ウィジェットに表示するメトリックを選択します。

  • 複数のメトリックを選択するには、ペインの最上部にあるツールバーで 複数選択の相互作用の実施 アイコンをクリックします。

  • 選択した複数のオブジェクトに共通するメトリックを表示するには、ツールバーで 共通メトリックの表示 アイコンをクリックします。

  • オブジェクトを表示するには、ツールバーで オブジェクトの選択 をクリックします。

  • 特定のメトリックを検索するには、メトリック名の全部または一部を フィルタ テキスト ボックスに入力します。

選択したオブジェクトに対してメトリックを構成できます。選択したメトリックが表示されるペインで、各メトリックに値を設定します。値を入力するには、列の見出しの下にあるテキスト ボックスをポイントし、テキスト ボックス内をダブルクリックして、値を入力します。

  • ボックス ラベル。メトリックのラベル。

  • 測定単位。メトリック値の後ろに表示される測定単位。

  • カラー メソッド。メトリック ボックスの色の値を定義するには、テキスト ボックスに値を入力します。色の境界を設定するには、カスタム を選択します。色を使用しない場合は、なし を選択します。

メトリックが表示されるペインで、メトリックを管理できます。

  • リスト内のすべてのメトリックを選択するには、ペインの最上部にあるツールバーで すべて選択 アイコンをクリックします。

  • リストからすべてのメトリックを削除するには、ペインの最上部にあるツールバーで 選択のクリア アイコンをクリックします。

  • 1 つのメトリックの設定をリスト内のすべてのメトリックに適用するには、メトリックを選択し、ペインの最上部にあるツールバーで すべてに適用 アイコンをクリックします。

オブジェクト タイプ

ウィジェットの構成時に特定のオブジェクト タイプのメトリックを選択できます。このオプションは、特定のオブジェクトが現在使用できない場合に便利です。

オブジェクト タイプを選択するには、ツールバーのアイコンを使用します。

  • 特定のアダプタを検索するには、アダプタ名を アダプタ タイプ テキスト ボックスに入力します。

  • オブジェクトを検索するには、オブジェクト タイプ名の全部または一部を フィルタ テキスト ボックスに入力します。

オブジェクト タイプのメトリックが、メトリック リストのペインに表示されます。複数のメトリックを選択できます。

メトリックのリストが表示されるペインで、ツールバー オプションを使用して、ウィジェットに表示するメトリックを選択します。

  • 複数のメトリックを選択するには、ツールバーで 複数選択の相互作用の実施 アイコンをクリックします。

  • 選択した複数のオブジェクト タイプに共通するメトリックを表示するには、ツールバーで 共通メトリックの表示 アイコンをクリックします。

  • オブジェクトに固有の特定のメトリックを選択するには、ツールバーで オブジェクトの選択 アイコンをクリックします。

  • 特定のメトリックを検索するには、メトリック名の全部または一部を フィルタ テキスト ボックスに入力します。

選択したオブジェクト タイプに対してメトリックを構成できます。選択したメトリックが表示されるペインで、各メトリックに値を設定します。値を入力するには、列の見出しの下にあるテキスト ボックスをポイントし、テキスト ボックスをダブルクリックして、値を入力します。

  • ボックス ラベル。メトリックのラベル。

  • 測定単位。メトリック値の後ろに表示される測定単位。

  • カラー メソッド。メトリック ボックスの色の値を定義するには、テキスト ボックスに値を入力します。色の境界を設定するには、カスタム を選択します。色を使用しない場合は、なし を選択します。

メトリックが表示されるペインで、メトリックを管理できます。

  • リスト内のすべてのメトリックを選択するには、ツールバーで すべて選択 アイコンをクリックします。

  • リストからすべてのメトリックを削除するには、ツールバーで 選択のクリア アイコンをクリックします。

  • 1 つのメトリックの設定をリスト内のすべてのメトリックに適用するには、メトリックを選択し、ツールバーで すべてに適用 アイコンをクリックします。