このシナリオのコンテキストでオブジェクトを調査する際、vRealize Operations Manager により問題の解決に役立つ詳細が提供されます。環境の状態を分析し、現在の問題を検討し、解決策を調査し、問題解決のための対策を取ります。

始める前に

1 つ以上の vCenter Server インスタンスを監視していることを確認します。

このタスクについて

仮想インフラストラクチャの管理者として、自分が管理している環境内のオブジェクトの全体的な状態を把握するため、vRealize Operations Manager を様々なレベルで定期的に参照します。ユーザーからの問題報告はなく、新しいアラートも表示されていませんが、管理者には、クラスタのキャパシティが不足している兆候が見え始めています。

このシナリオでは vRealize Operations Manager を 1 つ以上の vCenter Server インスタンスに接続する、VMware vSphere ソリューションに関連するオブジェクトについて言及しています。環境内のオブジェクトには、複数の vCenter Server インスタンス、データ センター、クラスタ(クラスタ コンピューティング リソース)、ホスト システム、リソース プール、および仮想マシンが含まれます。

このシナリオの手順を実行し、トラブルシューティングの段階に進むと、vRealize Operations Manager を使用して問題を解決するのに役立つ方法を学習できます。環境内のオブジェクトの状態を分析し、現在の問題を検討し、解決策を調査し、問題解決のための対策を取ることになります。

このシナリオでは、オブジェクトで発生する問題を評価し、問題を解決するための対策を取る方法を示します。

  • [分析] タブでは、オブジェクト リソースの設定を表示し、問題をさらに分析するために用意されたリンクをクリックして、ポリシー設定やしきい値を調べます。

  • [トラブルシューティング] タブでは、オブジェクトでトリガされたシンプトムを調べ、シンプトムをトリガーした問題がいつ発生したかを判断し、さらに問題に関連するイベントを特定して関係するメトリック値を調べます。

  • [詳細] タブでは、メトリックのアクティビティをグラフ、リスト、または展開チャートとして調査し、ヒート マップを表示してオブジェクトの重要度レベルを調べます。

  • [環境] タブでは、さまざまなオブジェクトが全体的なオブジェクト階層に関連するときの、健全性、リスク、および効率を評価します。オブジェクトの関係を表示して、クリティカルな状態のオブジェクトが他のオブジェクトにどのような影響を与えている可能性があるかを判断します。

将来のトラブルシューティングおよび実行中のメンテナンスをサポートするために、新しいアラート定義を作成し、ダッシュボードおよび 1 つ以上のビューやレポートを作成できます。新しく承認されたプロジェクトの拡張およびアカウントを計画するため、キャパシティ プロジェクトを作成してコミットできます。オブジェクトの監視に使用されるルールを強制するため、運用ポリシーを作成してカスタマイズできます。