このリリースの Linux 用のvRealize Operations Managerには、クリーン アンインストール オプションが含まれていません。製品を削除するには、アンインストール コマンドを実行して、vRealize Operations Managerがインストールした残りのアーティファクトを手動で削除します。

始める前に

vCenter Serverにおいて、または直接アクセスで、コンソールにルートとしてログインします。vCenter Serverで Alt+F1 を使用してログイン プロンプトにアクセスします。

セキュリティ上の理由から、vRealize Operations Managerのリモート ターミナル セッションは、デフォルトで無効になっています。

手順

  1. 次のコマンドを実行して製品をアンインストールします。
    /usr/bin/sh /usr/lib/vmware-vcopssuite-installsupport/_vRealize\ Operations\ Manager\ Enterprise_installation/Uninstall\ vRealize\ Operations\ Manager\ Enterprise -i silent

    あるいは、ベータ版を削除する場合には、次のコマンドを実行します。

    /usr/bin/sh /usr/lib/vmware-vcopssuite-installsupport/_vCenter\ Operations\ Manager\ Enterprise_installation/Uninstall\ vCenter\ Operations\ Manager\ Enterprise -i silent
  2. 次のコマンドを実行して HTTPD サービスを停止します。
    /sbin/service httpd stop
    
  3. 次のコマンドを実行して RPM を削除します。
    /bin/rpm -e --nodeps httpd
    /bin/rpm -e --nodeps httpd-tools
    /bin/rpm -e --nodeps VMware-Postgres
    /bin/rpm -e --nodeps VMware-Postgres-libs
    /bin/rpm -e --nodeps VMware-Postgres-osslibs
    /bin/rpm -e --nodeps VMware-Postgres-osslibs-server
    
  4. 次のコマンドを実行して追加のユーザーおよびグループを削除します。
    /usr/sbin/userdel -fr admin
    /usr/sbin/userdel -fr postgres
    /usr/sbin/groupdel admin
    
  5. 次のコマンドを実行して追加のファイルおよびディレクトリを削除します。
    /bin/rm -rf /usr/lib/openssl/lib/libcrypto.so.10
    /bin/rm -rf /usr/lib/openssl/lib/libssl.so.10
    /bin/rm -rf /usr/lib/openssl/lib/
    /bin/rm -rf /usr/lib/openssl/
    /bin/rm -rf /usr/lib/vmware-vcopssuite-installsupport/.buildInfo.<build_number>
    /bin/rm -rf /usr/lib/vmware-vcopssuite-installsupport/
    /bin/rm -rf /etc/rc.d/*/*vmware-vcops-watchdog
    /bin/rm -rf /etc/rc.d/*/*vmware-casa
    /bin/rm -rf /etc/rc.d/*/*vmware-vcops
    /bin/rm -rf /etc/rc.d/*/*vmware-vcops-web
    /bin/rm -rf /etc/rc.d/*/*vmware-vcops-reboot-config
    /bin/rm -rf /var/log/firstboot
    /bin/rm -rf /var/log/preb2b
    /bin/rm -rf /var/log/postb2b
    /bin/rm -rf /var/log/firstboot
    /bin/rm -rf /var/log/casa_logs
    /bin/rm -rf /var/log/tomcat_logs
    /bin/rm -rf /var/log/vcops_logs
    /bin/rm -rf /var/.com.zerog.registry.xml
    /bin/rm -rf /var/log/log
    
  6. 次のコマンドを実行してsudoersエントリを削除します。インストーラを複数回実行した場合、次のコマンドを複数回実行する必要がある場合があります。
    /bin/sed -i '/# ------ vCenter Operations Manager Settings for VCOPS_USER/,/# ------ End of vCenter Operations Manager Settings for VCOPS_USER/d' /etc/sudoers
    /bin/sed -i '/# ------ vCenter Operations Manager Settings for CaSA/,/# ------ End of vCenter Operations Manager Settings for CaSA/d' /etc/sudoers
    /bin/sed -i '/# ------ vCenter Operations Manager Settings for vsutilities/,/# ------ End of vCenter Operations Manager Settings for vsutilities/d' /etc/sudoers
    
  7. sudoersファイル /etc/sudoers を確認して、vRealize Operations Manager のエントリが確実にないようにします。