オブジェクト関係ウィジェットには、選択したオブジェクトの階層ツリーが表示されます。カスタム ダッシュボードに追加する選択したオブジェクトに対して、vRealize Operations Manager内に 1 つまたは複数の階層ツリーを作成できます。

オブジェクト関係ウィジェットと構成オプションの動作

オブジェクト関係ウィジェットを 1 つまたは複数のカスタムのダッシュボードに追加し、他のダッシュボード ユーザーにとって重要なデータを表示するように構成できます。ウィジェットには、各ウィジェット インスタンスに構成済みオプションに基づいてデータが表示されます。

オブジェクト関係ウィジェットは、ダッシュボードに追加してから編集します。オプションを変更することで、ダッシュボード ユーザーのニーズに対応するためのカスタム ウィジェットを作成できます。

オブジェクト関係ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、コンテンツ > ダッシュボード の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、追加 アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、編集 アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で ウィジェット リスト をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

オブジェクト関係ウィジェットと構成オプション

オブジェクト関係ウィジェットにはツールバー オプションが含まれます。

オプション

説明

ダッシュボードのナビゲーション

表示中のオブジェクトが移動先のダッシュボードでも使用可能な場合、別のダッシュボードに移動できます。別のダッシュボードに移動できるようにするには、ダッシュボードを作成または編集するときに関連オプションを構成します。

バッジ

オブジェクトの健全性、リスク、または効率に関する各アラートを関係マップに表示します。ウィジェットに表示するオブジェクトのバッジを選択できます。バッジのヒントには、オブジェクト名、オブジェクト タイプ、選択されているバッジの名前、バッジの値が表示されます。一度に選択できるバッジは 1 つのみです。

表示に合わせてズーム

使用可能な領域に合わせてチャートをリセットします。

パン

このアイコンをクリックし、階層をクリックしてドラッグすると、階層の別の部分が表示されます。

ポイント時に値を表示する

チャート内でデータ ポイントの上にマウスを置いたときに、データ ポイントのツールチップの表示/非表示を切り替えます。

ビューをズーム

このアイコンをクリックし、ドラッグして階層の一部を囲みます。囲まれた部分のみがズームして表示されます。

フィルター基準の表示

ポップアップ ウィンドウにウィジェットのフィルター設定を表示します。

ズームイン

階層を拡大します。

ズームアウト

階層を縮小します。

オブジェクトを初期設定に戻す

初期構成またはウィジェット相互作用の階層を変更する場合、このアイコンをクリックして初期リソースに戻します。このアイコンをクリックすると、最初の表示サイズもリセットされます。

オブジェクト詳細

オブジェクトを選択し、このアイコンをクリックすると、そのオブジェクトの [オブジェクト詳細] ページが表示されます。

アラートの表示

階層内のリソースを選択しこのアイコンをクリックすると、そのリソースのアラートが表示されます。ポップアップ ウィンドウにアラートが表示されます。アラートをダブルクリックすると、その [アラート サマリ] ページが表示されます。

オブジェクト関係ウィジェットには、次の構成オプションがあります。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

このテキスト ボックスは、オブジェクト リストで選択したオブジェクトによって自動で入力されます。

固定ノード サイズに自動ズーム

ウィジェット表示でのオブジェクト アイコンの固定ズーム レベルを構成できます。

ウィジェット表示に多くのオブジェクトが含まれているため常に手動でズームしなければならない場合、この機能は一度だけでズーム レベルを設定できるため便利です。

ノード サイズ

オブジェクト アイコンが表示される固定ズーム レベルを設定できます。アイコンのサイズをピクセル単位で入力します。

ウィジェットには、構成したピクセル サイズでオブジェクト アイコンが表示されます。

オブジェクト選択

環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。

フィルタリングするタグの選択

ウィジェットに表示される親および子オブジェクトをフィルタリングします。タグを選択した場合、選択と一致する親および子オブジェクトだけがウィジェットに表示されます。選択したオブジェクトの親および子オブジェクトをすべて表示するには、タグの値を選択しないでください。