会計部門の仮想マシンでの CPU 使用量に関連したアラートを生成するには、アラートに関する基本的な説明を入力した後に、症状を vRealize Operations Manager のアラート定義に追加します。追加する最初の症状は、仮想マシンでの CPU 使用量に関連する症状です。後でポリシーおよびグループを使用して、会計部門の仮想マシンにアラートを適用します。

始める前に

アラート定義の構成を開始します。アラート定義への説明および基本オブジェクトの追加 を参照してください。

このタスクについて

このシナリオには、会計部門の仮想マシンの症状と、仮想マシンが実行されているホストを監視するための症状の、2 つの症状を構成します。

手順

  1. アラートの定義のワークスペース ウィンドウで、名前と説明基本オブジェクト タイプ、およびアラートの影響 を構成した後、症状の定義の追加 をクリックして症状を構成します。
  2. 仮想マシンの CPU 使用量に関連する症状設定の構成を開始します。
    1. 定義対象 ドロップダウン メニューで、 を選択します。
    2. オブジェクト タイプによるフィルタリング ドロップダウン メニューで、仮想マシン を選択します。
    3. 症状の定義のタイプ ドロップダウン メニューで、メトリック/スーパーメトリック を選択します。
    4. 追加 ボタンをクリックして、症状の定義の追加 ワークスペース ウィンドウを開きます。
  3. 症状の定義の追加 ワークスペース ウィンドウで、仮想マシンの CPU 使用量の症状を構成します。
    1. 基本オブジェクト タイプ ドロップダウン メニューから、vCenter アダプタ を展開し、仮想マシン を選択します。

      仮想マシンについて収集されたメトリックがリストに表示されます。

    2. メトリック名を検索するためのメトリック リストの 検索 テキスト ボックスに、使用率 と入力します。
    3. リストで CPU を展開し、使用率 (%) を右側のワークスペースにドラッグします。
    4. しきい値ドロップダウン メニューで、動的しきい値 を選択します。

      動的しきい値では、vRealize Operations Manager 分析を使用してオブジェクトの傾向メトリック値を識別します。

    5. 症状の定義の名前 テキスト ボックスに、VM CPU Usage above trend のような名前を入力します。
    6. 重要度のドロップダウン メニューで、警告 を選択します。
    7. しきい値ドロップダウン メニューで、しきい値を超過 を選択します。
    8. 待機サイクルキャンセル サイクル は、デフォルト値 3 のままにします。

      [待機サイクル] 設定では、症状がトリガーされるまでに、3 収集サイクルに渡って症状条件が true となる必要があります。この待機により、CPU 使用量が短期間急増した場合には、症状がトリガーされないようにします。

    9. 保存 をクリックします。

    使用量が追跡済みの傾向を上回ったときを識別する動的な症状が、症状リストに追加されます。

  4. アラートの定義のワークスペース ウィンドウで、症状定義リストから右側の症状のワークスペースに VM CPU Usage above trend をドラッグします。

    子 - 仮想マシン症状セットが、症状のワークスペースに追加されます。

  5. この症状セットで、このアラート定義が適用されるグループの仮想マシンの半分で症状が true になった場合に症状セットが true になるように、トリガー条件を構成します。
    1. [値演算子] ドロップダウン メニューで、> を選択します。
    2. [値] テキスト ボックスに、50 と入力します。
    3. [値タイプ] ドロップダウン メニューで、パーセント を選択します。

タスクの結果

アラート定義の最初の症状セットが定義されました。

次のタスク

ホストのメモリ使用量症状をアラート定義に追加します。アラート定義へのホスト メモリ使用率症状の追加 を参照してください。