アラートに関連するウィジェットを含むカスタム ダッシュボードを使用して、環境内にアラートが存在するかどうかを監視できます。カスタム ダッシュボードが提供する単一のインターフェイスを使用して、オブジェクトおよびオブジェクト グループの一般的なアラート ステータスを監視し、アラートを解決する処理を開始できます。

始める前に

このタスクについて

ある仮想インフラストラクチャ管理者は、会計部門によって使用される仮想マシンとホストについて管理責任があります。この管理者は、会計部門のオブジェクトを管理するためのアラートを作成した後、主要なウィジェットで会計オブジェクト グループのオブジェクトを表示するダッシュボードを作成しました。現在は、ダッシュボードを使用してこのグループのアラートを管理することを考えています。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、ホーム アイコンをクリックします。
  2. ダッシュボードのタイトル バーで ダッシュボードをクリックし、Accounting VMs and Hosts を選択します。
  3. [Acct Dept Alert List] で、[ステータス] 列ヘッダーをクリックして、アクティブなアラートがリストの先頭に表示されるように並べ替えます。
  4. アラート リスト ツールバーで、アラートの重要度別に行を色分け をクリックします。

    アラートが色で強調表示されて、重要度の高いものから対応できるようになります。

  5. アラートの重要度が最も高いオブジェクトの行をクリックして、最初に対応します。

    構成されているウィジェットの相互作用のため、健全性、リスク、効率、アラート ボリューム、トップ アラートの各ウィジェットに選択したオブジェクトのデータが表示されます。

    1. 健全性、リスク、効率ウィジェットを調べて、オブジェクトの一般的なアラート ステータスを理解します。
    2. トップ アラート ウィジェットを調べて、オブジェクトのアラートの数を確認します。
    3. ウィジェットのアラート名をクリックします。

      たとえば、Acct VM CPU early warning Risk アラートをクリックします。アラートの詳細 - 概要 タブが表示されます。

    4. 推奨事項に基づいてアラートを解決します。

      たとえば、「これがスタンドアロン ホストである場合は、さらにメモリをホストに追加する」という推奨事項を使用するには、ホストにメモリを追加するための指示に対するリンクをクリックします。

  6. [Accounting VMs and Hosts] ダッシュボードに戻ってさらにアラートを処理するには、左側のペインのツールバーにある戻るボタンをクリックします。
  7. アラート リストで次のアラートを選択して、アラートの処理を続けます。

次のタスク

数収集サイクルの後、アラートを再び見て、アラートがキャンセルされてダッシュボードに表示されなくなっているかどうかを確認します。アラートがまだ表示されている場合は、トラブルシューティング ワークフローの例として「ユーザー シナリオ:[トラブルシューティング] タブのオプションを使用して問題の根本原因を調査する」を参照してください。