仮想インフラストラクチャの管理者として、あなたは vRealize Operations Manager に使用されるポリシーを管理して、環境内のオブジェクトを分析し、それらのオブジェクトからデータを収集し、ダッシュボード、ビュー、およびレポートにデータを表示させます。IT 担当者が環境に新しいデータストア オブジェクトを追加した場合、あなたにはこの新しいデータストア オブジェクトがテスト環境および本番環境用のインフラストラクチャの VP によって規定されたポリシー要件に準拠していることを確認する責任があります。

始める前に

  • ポリシーを使用する目的を理解します。ポリシー を参照してください。

  • vRealize Operations Manager インスタンスが正常に機能することを確認します。

  • 1 つまたは複数のカスタム オブジェクト グループおよびグループ タイプが vRealize Operations Manager インスタンスに存在していることを確認します。VMware vRealize Operations Managerでのカスタム オブジェクト グループの管理 を参照してください。

  • vRealize Operations Manager インスタンスにデフォルト ポリシーと 1 つまたは複数の他のポリシーが含まれていることを確認します。vRealize Operations Manager におけるデフォルト ポリシー を参照してください。

  • デフォルト ポリシーにおける属性、アラート、症状の定義などの各セクションと要素について、またポリシーが選択したベース ポリシーの設定をどのように継承するかについて理解します。vRealize Operations Manager のポリシー ワークスペース を参照してください。

  • デフォルト ポリシーにおける残り容量、ホストと仮想マシンへのストレスなどの分析設定について、またベース ポリシーから継承された設定をオーバーライドするアクションについて理解します。分析設定の詳細 を参照してください。

このタスクについて

このシナリオでは、vRealize Operations Manager に本番のデータストア オブジェクトのディスク領域の使用を監視させるポリシーを作成します。データストア オブジェクトのグループ タイプとカスタム オブジェクト グループを作成し、ポリシーをオブジェクト グループに適用します。ポリシーの設定に従い vRealize Operations Manager により環境内のデータストア オブジェクトのデータが収集されたら、ダッシュボードにおいて収集されたデータと存在する場合は潜在的なアラートを確認して、ディスク領域の使用がデータストア オブジェクトに準拠しているかどうかを確認します。

タスクの結果

新しい本番のデータストア オブジェクトに適用するポリシーを作成しました。このポリシーでは、vRealize Operations Manager にこれらのオブジェクトを監視させてディスク領域レベルがポリシーの設定に準拠するようにして、サービス内容合意書および環境用に確立されたビジネスの優先順位に対応することが可能になります。vRealize Operations Manager は、新しいポリシーの設定を使用してダッシュボード、ビュー、レポートにデータストア オブジェクトのディスク使用量を表示し、データ収集時のサービス レベルを強化します。

次のタスク

このシナリオが終了したら、vRealize Operations Manager によって環境内のオブジェクトのデータが収集されるまで待機する必要があります。その後で、データストア オブジェクトのディスク使用量を確認します。