環境の状態ウィジェットには、監視下の環境全体についての統計が表示されます。

環境の状態ウィジェット

環境の状態ウィジェットの仕組み

オブジェクト、メトリック、アプリケーション、アラート、分析、およびユーザーなどのカテゴリを選択して、ウィジェットの出力をカスタマイズします。構成ウィンドウの フィルタリングするタグの選択 からタグ ツリーを使用して、データをフィルタリングできます。

環境の状態ウィジェットは、ダッシュボードに追加してから編集します。ウィジェットを構成するには、ウィジェット ウィンドウの右隅にある鉛筆をクリックします。ウィジェットの オブジェクトメトリックアプリケーションアラート分析ユーザー カテゴリから少なくとも 1 つのタイプの情報を選択して表示する必要があります。 デフォルトでは、ウィジェットにはインベントリ内のすべてのオブジェクトに関する統計情報が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] オプションを使用して、情報をフィルタリングできます。ウィジェットはダッシュボード内の他のウィジェットと相互作用し、それらからデータを取得して統計を表示できます。たとえば、データのソースとしてオブジェクト リスト ウィジェットを使用し、宛先として環境の状態ウィジェットを使用できます。オブジェクトを選択して、オブジェクト リスト ウィジェットから複数選択の相互作用を実行すると、オブジェクト リストで行った選択に基づいて環境の状態ウィジェットの結果が更新されます。

環境の状態ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

環境の状態ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

ウィジェットは、相互作用モードである場合にも更新されます。たとえば、プロバイダ ウィジェットでアイテムが選択されると、環境の状態ウィジェットの内容が更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

オブジェクト

ウィジェットには環境内のオブジェクトに関する要約が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] からオブジェクトを選択して、セルフ プロバイダ モードで表示される情報をフィルタリングできます。リソースの要約に含める情報の種類を選択できます。たとえば、[フィルタリングするタグの選択] から アダプタ タイプ > コンテナ を選択し、オブジェクトオブジェクト収集 をクリックすると、ウィジェットにはコンテナの数と収集しているコンテナが表示されます。

メトリック

ウィジェットには使用可能なメトリックの要約が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] からオブジェクトを選択して、セルフ プロバイダ モードで表示される情報をフィルタリングできます。メトリックの要約に含める情報の種類を選択できます。

アプリケーション

ウィジェットには使用可能なアプリケーションの要約が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] からオブジェクトを選択して、セルフ プロバイダ モードで表示される情報をフィルタリングできます。アプリケーションの要約に含める情報の種類を選択できます。

アラート

ウィジェットには環境内のアラートに関する要約が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] からオブジェクトを選択して、セルフ プロバイダ モードで表示される情報をフィルタリングできます。アラートの要約に含める情報の種類を選択できます。

Analytics

ウィジェットには分析プラグインの要約が表示されます。[フィルタリングするタグの選択] からオブジェクトを選択して、セルフ プロバイダ モードで表示される情報をフィルタリングできます。分析の要約に含める情報の種類を選択できます。

ユーザー

ウィジェットには、vRealize Operations Managerに定義されたユーザーの数が表示されます。 管理 > アクセス コントロール > ユーザー アカウント を選択します。

フィルタリングするタグの選択

さまざまなタイプのオブジェクトを選択して表示できます。

展開しているすべてのタグおよびタグ値を閉じるには、すべて折りたたむ ツールバー オプションを使用します。

フィルタリングをすべて削除し、ウィジェットにすべてのオブジェクトを表示するには、すべて選択解除 ツールバー オプションを使用します。