追加ノードをデプロイして構成することにより、vRealize Operations Managerで大規模な環境をサポートすることができます。マスター ノードでは、クラスタで環境を監視するために常に追加ノードが必要です。インストールを拡張することで、クラスタに 1 つ以上のノードを追加できます。

データ ノードの追加

データ ノードは、vRealize Operations Managerをスケール アウトして監視環境を拡大することを可能にする追加のクラスタ ノードです。

データ ノードを追加することで、vRealize Operations Managerクラスタを停止することなくvRealize Operations Manager を動的にスケール アウトできます。クラスタを 25% 以上スケール アウトする場合、vRealize Operations Managerがそのストレージ サイズを更新できるようにクラスタを再起動する必要があります。再起動するまで、パフォーマンスの低下が見られることがあります。メンテナンス期間中に vRealize Operations Managerクラスタの再起動を行うことをお勧めします。

また、再起動なしでクラスタのリバランスを実行できるオプションが製品管理オプションに含まれます。リバランスを実行すると、vRealize Operations Managerのワークロードがクラスタ ノード全体で調整されます。

図 1. 設定画面からの既存インストールの拡張

注:

オンラインのクラスタを外部から、またはvRealize Operations Managerインターフェイス以外からシャットダウンしないでください。外部からノードをシャットダウンする場合は、vRealize Operations Managerインターフェイスでノードをオフラインにしてからにします。