メトリック チャートとは、影響を受けるオブジェクトで使用可能なメトリックに基づいて作成するチャートおよびグラフです。 このチャートを使用して、オブジェクトに対するアラートが生成された問題の根本原因を特定する際に役立つカスタムのトラブルシューティング ツールを作成します。

アラートの詳細メトリック チャートの機能

問題の調査に役立つと思うメトリックに基づいてチャートを作成し、そのチャートをカスタマイズしてデータをより詳細に評価します。

構成したチャートを保存するには、ツールバー オプションを使ってダッシュボードを作成します。

アラートの詳細メトリック チャートを確認できる場所

左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。 [アラートの概要]、[健全性アラート]、[リスク アラート]、[効率アラート] のいずれかのリストで、データ グリッド内のアラート名をクリックし、メトリック チャート タブをクリックします。

メトリック チャート オプション

メトリック チャートの作成に使用するオプションは、メトリック セレクタ、チャートペイン内のすべてのチャートの外観を制御するチャート ペインおよびツールバー オプション、各チャートのツールバー オプションです。

表 1. メトリック チャートのメトリック セレクタ オプション

オプション

説明

共通メトリックの表示

リストを更新して、影響を受けるオブジェクト タイプに使用可能なメトリックだけを表示します。

メトリック収集の表示

リストを更新して、影響を受けるオブジェクト タイプに対して現在収集されたメトリックだけを表示します。

検索

単語検索を使用して、リストに表示される項目の数を限定します。

メトリック リスト

メトリックをダブルクリックして、メトリック チャートを右側のペインに追加します。

メトリック チャートのツールバー オプションは、ワークスペース内でチャートをどのように表示するかを決定します。

表 2. メトリック チャート ツールバー オプション

オプション

説明

分割グラフ

各メトリックを別個のチャートに表示します。

積み重ねグラフ

すべてのチャートを 1 つに統合します。このチャートは、メトリック値の総計または合計が時間の経過とともにどのように変化するかを表示する場合に役に立ちます。積み重ねグラフを表示するには、分割グラフがオフになっていることを確認します。

Y 軸

Y 軸のスケールの表示/非表示を切り替えます。

メトリック チャート

チャートのデータ ポイントをつなぐラインの表示/非表示を切り替えます。

トレンド ライン

メトリックのトレンドを表すラインおよびデータ ポイントの表示/非表示を切り替えます。トレンド ラインは、隣接するデータ ポイントの平均に照らして各データ ポイントをプロットすることにより、タイムラインに沿ってメトリック ノイズを除外します。

動的しきい値

24 時間内で計算された動的しきい値の表示/非表示を切り替えます。

全期間における動的しきい値の表示

グラフの全期間の動的しきい値の表示/非表示を切り替えます。

異常

異常の表示/非表示を切り替えます。メトリックがしきい値を超えている期間が影付きで表示されます。異常は、メトリックが動的しきい値または静的しきい値を上回った場合、または下回った場合に生成されます。

データ ポイント チップの表示

チャート内でデータ ポイントの上にマウスを置いたときに、データ ポイントのツールチップの表示/非表示を切り替えます。

X 軸ズーム

チャートで範囲セレクタを使用してチャートのサブセットを選択する場合に、選択した領域を X 軸で拡大します。X 軸ズームY 軸ズームを同時に使用できます。

Y 軸ズーム

チャートで範囲セレクタを使用してチャートのサブセットを選択する場合に、選択した領域を Y 軸で拡大します。X 軸ズームY 軸ズームを同時に使用できます。

表示に合わせてズーム

使用可能な領域に合わせてチャートをリセットします。

動的しきい値でズーム

軸の最大値と最小値が対象メトリックに対して計算された動的しきい値の最大値と最小値になるように、チャートの Y 軸のサイズを変更します。

すべてのチャートをズーム

範囲セレクタの使用時にキャプチャされた領域に基づいて、チャート ペインで開いているすべてのチャートのサイズを変更します。

このオプションと ビューをズーム の間を切り替えることができます。

ビューをズーム

範囲セレクタの使用時に、現在のチャートのサイズを変更します。

パン

ズーム モードでは、チャートの拡大セクションをドラッグして、メトリックの最大値、最小値、以前の値、新しい値を表示できます。

データ値の表示

ズームまたはパン オプションに切り替えた場合に、データ ポイント ツールチップを有効にします。データ ポイント チップの表示 を有効にする必要があります。

チャートの更新

現在のデータでチャートを再ロードします。

日付コントロール

日付セレクタを開きます。

日付セレクタを使用して、各チャートに表示されるデータを調査中の期間に限定します。

ダッシュボードの生成

現在のチャートをダッシュボードとして保存します。

すべてを削除する

すべてのチャートをチャート ペインから削除して、一連の新しいチャートの作成を開始できるようにします。

チャートのツールバー オプションは、個々のチャート内でデータをどのように表示するかを決定します。

表 3. [メトリック チャート、チャート ツールバー] オプション

オプション

説明

外部アプリケーションで開く

オブジェクトに関する情報を取得するために別のアプリケーションにリンクする機能がアダプタに含まれている場合は、ボタンをクリックして、そのアプリケーションのリンクにアクセスします。

スナップショットの保存

現在のチャートの PNG ファイルを作成します。イメージは、画面に表示されるサイズになります。

このファイルをブラウザのダウンロード フォルダに取得できます。

フル スクリーン スナップショットの保存

現在のグラフ イメージを フルページの PNG ファイルとしてダウンロードし、表示または保存することができます。

このファイルをブラウザのダウンロード フォルダに取得できます。

カンマ区切りデータのダウンロード

現在のチャートのデータを含む CSV ファイルを作成します。

このファイルをブラウザのダウンロード フォルダに取得できます。

下へ移動

チャート位置を 1 単位下げます。

上へ移動

チャート位置を 1 単位上げます。

閉じる

チャートを削除します。