お客様の 1 人が、自分の仮想マシンの処理の遅さや障害などを含めたパフォーマンスの低さを報告しています。このシナリオでは、トラブルシューティング タブで利用できる情報に基づいて、vRealize Operations Manager を使用してこの問題を調査できる 1 つの方法を示します。

このタスクについて

仮想インフラストラクチャ管理者として、お客様の 1 人が自分の仮想マシン sales-10-dk の問題をレポートしたヘルプ チケットに対応します。レポートされた状態は、ロード時間が遅い、起動が遅いなどのアプリケーションのパフォーマンスが低いことで、プログラムの一部のロードにかかる時間が長くなってきており、ファイルの保存にも時間がかかります。今日、プログラムに障害が発生し、アップデートのインストールに失敗しました。

この仮想マシンの アラート タブを確認すると、メモリのストレスにつながる慢性的な高メモリ ワークロードのアラートがあり、トリガされたシンプトムではメモリのストレスが示され、メモリを追加することが推奨されています。

過去の経験から、このアラートは根本原因を示しているとは確信できないため、分析 タブを再確認します。[残り容量] でメモリとディスク容量の問題が示され、[残り時間] でメモリおよびディスク容量の残りが 0 日となっている以外、関連バッジはすべて緑色になっています。

この最初の確認から、メモリ アラートのほかに問題があることがわかるため、トラブルシューティング タブを使用してさらに詳しい調査を行います。