それぞれの環境でノードを作成する場合、従う必要がある一般的な要件がいくつかあります。

一般的な要件

  • vRealize Operations Managerのバージョン。すべてのノードが同じ vRealize Operations Managerバージョンを実行する必要があります。

    たとえば、バージョン 6.1 のデータ ノードを vRealize Operations Manager6.2 ノードのクラスタに追加することはできません。

  • 分析クラスタのデプロイ タイプ分析クラスタでは、すべてのノードが同じ種類のデプロイ(vApp または Linux)である必要があります。

    同じ分析クラスタ内に vApp、Linux ノードを混在させないようにしてください。

  • リモート コレクタのデプロイ タイプリモート コレクタ ノードは、分析クラスタ ノードと同じデプロイ タイプである必要はありません。

    デプロイ タイプが異なるリモート コレクタを追加する場合は、次のクラスタがサポートされています。

    • vApp 分析クラスタ

    • Linux 分析クラスタ

  • 分析クラスタ ノードのサイジング分析クラスタでは、CPU、メモリ、およびディスクのサイズがすべてのノードで同一である必要があります。

    マスター、レプリカ、およびデータのノードのサイズは均一である必要があります。

  • リモート コレクタ ノードのサイジングリモート コレクタ ノードのサイズは、互いに異なっていても、分析クラスタ ノードの均一のサイズと異なっていても問題ありません。

  • 地理的近接分析クラスタ ノードを異なる vSphereクラスタに配置できますが、それらのノードは地理的に同じ場所に置く必要があります。

    地理的に異なる場所に置くことはサポートされていません。

  • 仮想マシンのメンテナンスノードが仮想マシンである場合は、直接 vRealize Operations Managerソフトウェアを更新することによってのみ、仮想マシン ソフトウェアを更新できます。

    たとえば、vRealize Operations Managerの外から vSphere にアクセスして VMware Tools を更新することはサポートされていません。

  • 冗長性と分離HA を有効にする場合は、分析クラスタ ノードを異なるホスト上に配置します。vRealize Operations Manager の高可用性についてを参照してください。

  • ファイアウォールの背後にリモート コレクタをデプロイできます。リモート コレクタと分析ノードの間で NAT は使用できません。

ソリューションの要件

ソリューションによっては、vRealize Operations Manager自体の要件以上の要件が適用されることがあります。たとえば、Horizon View 用のvRealize Operations Managerには、リモート コレクタに対する特定のサイジングのガイドラインがあります。

ソリューションのドキュメントを参照して、ソリューションをインストールする前に追加の要件を確認してください。ソリューション管理パックアダプタ、およびプラグインという用語は、ほとんど区別せずに使用されていることに注意してください。