アラート リスト ウィジェットは、監視するように構成された、オブジェクトのアラートのリストです。カスタム ダッシュボードに追加するオブジェクトに対して、vRealize Operations Manager内に 1 つまたは複数のアラート リストを作成できます。このウィジェットでは、環境内のオブジェクトについてのアラートのカスタマイズされたリストが提供されます。

アラート リスト ウィジェットと構成オプションの動作

アラート リスト ウィジェットを 1 つまたは複数のカスタム ダッシュボードに追加し、他のダッシュボード ユーザーにとって重要なデータを表示するように構成できます。ウィジェットには、各ウィジェット インスタンスに構成済みオプションに基づいてデータが表示されます。ダッシュボードにアラート リスト ウィジェットを追加した後、そのアラート リスト ウィジェットを編集します。オプションを変更することで、ダッシュボード ユーザーのニーズに対応するためのカスタム アラート リストを作成します。

アラート リスト ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、[ホーム] をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、左側のペインの [内容] をクリックし、[ダッシュボード] をクリックします。 ダッシュボード ツールバーで、プラス記号をクリックしてダッシュボードを追加するか、[編集] アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で [ウィジェット リスト] をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの [編集] アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

アラート リスト ウィジェットと構成オプション

アラート リスト ウィジェットには、ツールバー オプション、データ グリッド オプション、構成オプションが含まれます。

オプション 説明
ダッシュボードのナビゲーション

選択したアラートで実行できるアクション 。

たとえば、このオプションを使用して vCenter Server、データセンター、仮想マシンを開く、または vSphere Web Client においてアラートが生成されたオブジェクトを直接変更し、問題を修正することができます。

RSS フィード

アラートの RSS フィードを Web ブラウザに送信します。

ウィジェット内で構成されたとおり、表示されているアラートのみが含まれます。たとえば、ウィジェットが特定のオブジェクトに関するアラートのみを表示するよう設定されている場合は、そのオブジェクトのアラートのみが RSS フィードに含まれます。個々のアラートの詳細なメッセージがフィードのヘッドラインに表示されます。使用している RSS クライアントによっては、アラートに関連するすべての異常の詳細がフィード本文に表示されます。

相互作用のリセット

ウィジェットを最初に構成された状態に戻し、提供ウィジェットで選択された相互作用を取り消します。

通常、相互作用は同じダッシュボード内のウィジェット間で発生しますが、別のダッシュボードのウィジェット間で相互作用を構成することもできます。

複数選択の相互作用の実施

ウィジェットが、ダッシュボード上の別のウィジェットへの提供者となっている場合は、複数の行を選択してこのボタンをクリックできます。受け取り側のウィジェットでは、選択した相互作用の項目に関連するデータのみが表示されます。

Ctrl キーを押しながらクリック (Windows の場合)するか、Cmd キーを押しながらクリック(Mac OS X の場合)して個別のオブジェクトを複数選択するか、Shift キーを押しながらクリックしてオブジェクトの範囲を選択してからこのアイコンをクリックすると、相互作用が有効になります。

フィルター基準の表示

このウィジェットの基になっているオブジェクト情報が表示されます。

日付範囲の選択

リストに表示されるアラートを、選択した日付範囲に限定します。

アラートの重要度による行の色分け
アラートの重要度に基づいて行全体を色分けします。
  • 赤:重大なアラート。
  • 黄色:警告アラートまたは中間アラート
アラートのキャンセル

選択したアラートをキャンセルします。アクティブなアラートのみを表示するようにアラート リストが構成されている場合、キャンセルされたアラートはリストから除外されます。

対処する必要がないアラートをキャンセルします。アラートをキャンセルしても、そのアラートの生成の基盤となった条件はキャンセルされません。アラートのキャンセルは、トリガーされた障害やイベントの症状によってアラートが生成された場合に有効です。これらの症状は、監視対象オブジェクトでその後の障害またはイベントが発生した場合にのみ再度トリガーされるためです。メトリックまたはプロパティの症状に基づいてアラートが生成される場合、そのアラートは、次の収集および分析サイクルまでしかキャンセルされません。違反値が依然として存在する場合は、アラートが再度生成されます。

サスペンド

指定された分数の間アラートをサスペンドします。

アラートを調査しているとき、作業中にアラートがオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響しないようにアラートをサスペンドします。経過時間後に問題が解決されない場合、アラートが再アクティブ化され、再びオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響を与えます。

アラートをサスペンドしたユーザーは所有者として割り当てられます。

所有権の取得

現在のユーザーとして、自分自身をアラートの所有者にします。

アラートの所有権を獲得できるだけで、所有権を割り当てることはできません。

所有権の解放

アラートのすべての所有権が解放されます。

フィルタ

ウィジェットのデータを特定します。

データ グリッドでは、並べ替えおよび検索できる情報が提供されます。

表 1. アラート リスト ウィジェットのデータ グリッド
オプション 説明
ステータス

アラートの現在の状態。

値には、[有効] または [キャンセル済み] があります。

重要度レベル

環境内でのアラートの重要度レベルを示します。アラートの重要度は、重要度アイコンの上にマウスを置いたときにツールチップに表示されます。

このレベルは、アラート定義の作成時に割り当てられたレベルに基づきます。割り当てられたレベルが [シンプトム ベース] の場合は、症状の最高の重要度に基づきます。

オブジェクト名

アラートが生成されたオブジェクトの名前。

アラート情報

アラートを生成したアラートの定義名。

アラートの影響

アラートが生成されたアラート バッジ。

取り得る値は、[健全性]、[リスク]、または [効率] のいずれかです。

オブジェクト タイプ

アラートが生成されたオブジェクトのオブジェクト タイプ。

タイプ

アラート タイプは、アラート定義を作成する際に割り当てられます。これは、アラートを分類し、適切なドメイン管理者に解決のためのルートを指定できます。

次の値があります。
  • アプリケーション
  • 仮想化またはハイパーバイザー
  • ハードウェア (OSI)
  • ストレージ
  • ネットワーク
サブタイプ

アラート サブタイプは、アラート定義を作成する際に割り当てられます。これは、アラートを分類し、適切なドメイン管理者に解決のためのルートを指定できます。

次の値があります。
  • 可用性
  • パフォーマンス
  • キャパシティ
  • コンプライアンス
  • 構成
所要時間

アラートの現在の経過時間。

開始時間

アラートが生成された日時。

更新時間

アラートが最後に変更された日時。

アラートは、次のいずれかの変更が発生するたびに更新されます。
  • アラート定義に含まれる別の症状が発生した場合。
  • アラートを引き起こす原因となった症状のトリガーがキャンセルされた場合。
キャンセル時間
アラートが次のいずれかの理由でキャンセルされた日時。
  • アラートを起動した症状がアクティブでなくなった場合。アラートはシステムによってキャンセルされます。
  • オブジェクトに適用されるポリシーで該当する症状の定義が無効になっているためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。
  • 該当する症状の定義が削除されたためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。
  • オブジェクトに適用されるポリシーでこのアラートのアラート定義が無効になっている場合。
  • アラート定義が削除された場合。
  • ユーザーがアラートをキャンセルした場合。
制御状態

ユーザーのアラートとの相互作用の状態です。

値には、次の種類があります。
  • オープン。アラートはアクションに使用できます。
  • 割り当て済み。アラートはアクション用にユーザーに割り当てられます。
  • サスペンド中。アラートは指定された時間中サスペンドされました。
ユーザー名

アラートを所有するユーザーの名前。

アラート リスト ウィジェットには、構成オプションが含まれます。

表 2. アラート リスト ウィジェットの構成オプション
オプション 説明
タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの [更新] ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。.

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

このテキスト ボックスは、オブジェクト リストで選択したオブジェクトによって自動で入力されます。

オブジェクト リスト

環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。

リスト内のオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトはウィジェットに対して選択されたオブジェクトになります。

タグ ピッカー

定義されたオブジェクト タグ(デフォルト タグとカスタム タグの両方)のリストから、1 つあるいは複数のオブジェクト タグ値を選択できます。選択したタグ値が適用されるオブジェクトが、ウィジェット データの基準となります。

同じタグに複数の値を選択すると、それらのタグのどれかが適用されるオブジェクトがウィジェットによって含められます。

タグ ピッカーを使用してデータを特定する場合は、[選択したオブジェクト] テキスト ボックスは空のままになります。

フィルタ基準

このアラート リストに表示されるアラートを、選択した基準を満たすものに限定します。

以下のフィルタを構成できます。
  • タイプ:タイプ リストでサブタイプを選択します。この値は、アラート定義を構成したときに割り当てられたものです。
  • ステータス:リストに含めるアラート状態を 1 つまたは複数選択します。
  • ユーザー制御状態:リストに含める制御状態を 1 つまたは複数選択します。
  • 重要度レベルの範囲:重要度のレベルを 1 つまたは複数選択します。
  • アラートの影響:リストに含めるアラート バッジを 1 つまたは複数選択します。
  • 時間の範囲:一般的な日付範囲を選択するか、特定の日付範囲を構成します。