[最近のタスク] ステータスは、vRealize Operations Manager から開始されたすべてのタスクを含みます。 このタスク ステータス情報は、タスクが正常に完了しているかを確認したり、タスクの現在の状態を判断したりする目的で使用します。

始める前に

アラート対応の推奨事項の一環として示されるアクション、またはツールバー上のアクションを 1 つ以上実行します。vRealize Operations Manager のツールバーからのアクションの実行 を参照してください。

このタスクについて

アクションを実行するときに開始されるタスクのステータスを監視し、タスクが正常に終了したかどうかを調べることができます。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、管理 アイコンをクリックします。
  2. 最近のタスク をクリックします。
  3. 終了していないタスクが存在しないかを確認するため、ステータス 列をクリックし、結果をソートします。

    オプション

    説明

    処理中

    実行中のタスクを示します。

    完了

    完了したタスクを示します。

    失敗

    複数のオブジェクトに対してタスクを開始した場合に 1 つ以上のオブジェクトに関してタスクが完了していないことを示します。

    最長時間に到達しました

    タイムアウトしたタスクを示します。

  4. タスク プロセスを評価するには、リストでタスクを選択し、選択したタスクの詳細 ペインで情報を確認します。

    詳細は [メッセージ] ペインに表示されます。 情報メッセージに アクションが実行されていません が含まれる場合、オブジェクトがすでに要求された状態であったためにタスクが終了したことを示します。

  5. タスクにいくつかのオブジェクトが含まれる場合にオブジェクトのメッセージを表示するには、[関連オブジェクト] リストでオブジェクトを選択します。

    オブジェクトの設定をクリアしてすべてのメッセージを表示できるようにするには、スペース バーを押します。

次のタスク

タスクが正常に実行されなかった原因を調べるには、ステータスが 最長時間に到達しました または 失敗 のタスクのトラブルシューティングを行います。失敗したタスクのトラブルシューティング を参照してください。