Endpoint Operations Management エージェントのインストール後は、エージェントをインストールしたユーザーがエージェントの所有者になります。

Endpoint Operations Management エージェントをインストールするユーザーが TAR ファイルを解凍するか、RPM をインストールするときに、所有者に対するインストール ディレクトリとファイルの権限(600、700 など)が設定されます。

注:

ZIP ファイルを展開する場合は、権限が正しく適用されない可能性があります。権限が正しいことを確認してください。

エージェントによって作成および書き込みが行われるすべてのファイルには 700 の権限が割り当てられ、所有者はエージェントを実行するユーザーになります。

表 1. Linux のファイルと権限

ディレクトリまたはファイル

権限

グループまたはユーザー

読み取り

書き込み

実行

エージェント ディレクトリ/bin

700

所有者

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/conf

700

所有者

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/log

700

所有者

不可

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/data

700

所有者

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/bin/ep-agent.bat

600

所有者

不可

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/bin/ep-agent.sh

700

所有者

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/conf/*

conf ディレクトリ内のすべてのファイル)

600

所有者

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/log/*

log ディレクトリ内のすべてのファイル)

600

所有者

不可

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可

エージェント ディレクトリ/data/*

data ディレクトリ内のすべてのファイル)

600

所有者

不可

グループ

不可

不可

不可

すべて

不可

不可

不可