vRealize Operations Managerにおけるオブジェクトの監視方法と、オブジェクトで発生する問題の通知方法を決定します。

vRealize Operations Manager管理者は、サービス レベル アグリーメント (SLA) とビジネスの優先順位をサポートするために、オブジェクト グループとアプリケーションにポリシーを割り当てます。オブジェクト グループにポリシーを使用する場合は、ポリシーに定義されたルールが環境内のオブジェクトに対して速やかに適用されるように対策する必要があります。

ポリシーを使用すると、ユーザーは次のことが可能になります。

  • アラートの有効化と無効化。

  • 環境内のオブジェクトに対してメトリックを持続させることによって、またはメトリックを持続させないことによって、データ収集を制御する。

  • 製品の分析としきい値を構成する。

  • オブジェクトとアプリケーションをさまざまなサービス レベルで監視する。

  • ポリシーの優先順位を決定し、最も重要なルールがデフォルトをオーバーライドするようにする。

  • 分析に影響を与えるルールについて把握する。

  • どのポリシーがオブジェクト グループに適用されるかを把握する。

vRealize Operations Managerには、使用できるようにすでに定義されている組み込みアクティブ ポリシーのライブラリが含まれています。これらのポリシーは、vRealize Operations Managerによって優先順位に従って適用されます。

オブジェクト グループにポリシーを適用すると、vRealize Operations Managerはそのポリシーで有効化されているしきい値、メトリック、スーパー メトリック、属性、プロパティ、アラート定義、問題定義に基づいてオブジェクト グループ内のオブジェクトからデータを収集します。

次に、一般的な IT 環境に存在する可能性のあるポリシーの例を示します。

  • メンテナンス:継続的な監視用に最適化されている。しきい値やアラートは存在しない。

  • 本番(重大):本番環境向けで、重要度の高いアラート生成を伴うパフォーマンス用に最適化されている。

  • 本番(重要):本番環境向けで、中程度のアラート生成を伴うパフォーマンス用に最適化されている。

  • バッチ ワークロード:ジョブ処理用に最適化されている。

  • テスト、ステージング、および QA:比較的重要度の低い設定。アラートは比較的少ない。

  • 開発:比較的重要度の低い設定。アラートは生成されない。

  • 低優先順位:リソースが効率良く使用されるようにする。

  • デフォルト ポリシー:デフォルトのシステム設定。