あらかじめ定義されたヒート マップが必要な情報を示していない場合には、カスタム ヒート マップを定義できます。追跡するオブジェクトとメトリック、使用する色、および値範囲のエンドポイントを選択できます。

ヒート マップの構成ワークスペースを確認できる場所

左側のペインで、環境 を選択し、インベントリ ツリーからオブジェクトを選択します。 詳細 タブで、ヒート マップ を選択します。 ヒート マップ タブで、プラス記号をクリックしてカスタム ヒート マップを作成します。

表 1. ヒート マップの構成オプション

オプション

説明

構成

  • 新しい構成を追加します。

  • カスタム構成を編集します。

  • 選択した構成を削除します。

  • 選択した構成のクローンを作成します。

説明

ヒート マップのわかりやすい説明。

グループ化

ヒート マップにおけるオブジェクトの第 1 レベルのグループ化。

次の基準

ヒート マップ内にある第 1 のレベルのオブジェクト グループのサブグループ。

モード

一般モード

ヒート マップには、選択したオブジェクトごとに色分けされた長方形が表示されます。 長方形のサイズは、選択した 1 つの属性の値を示します。長方形の色は、選択した別の属性の値を示します。

インスタンス モード

それぞれの長方形は、あるオブジェクトについて選択したメトリックの単一のインスタンスを表します。 1 つのリソースが、同じメトリックの複数のインスタンスを持つことができます。長方形の大きさはすべて同じです。長方形の色は、インスタンスの値に基づいて変化します。単一のオブジェクト タイプを選択した場合にのみ、インスタンス モードを使用できます。

サイズ分け

各オブジェクトの長方形のサイズを設定する属性。 [サイズ分け] 属性の値が大きいオブジェクトは、ヒート マップ画面でより大きく表示されます。 固定サイズの長方形を選択することもできます。ほとんどの場合、属性リストには vRealize Operations Manager が生成するメトリックのみが含まれます。オブジェクトの種類を選択すると、そのオブジェクト タイプに定義されているすべての属性がリストに表示されます。

色分け

各オブジェクトの長方形の色を決定します。

高、中、 および低の各値に対する色範囲を示します。 各カラーを設定し、[最小値] および [最大値] テキスト ボックスに最小のカラー値および最大のカラー値を入力できます。

テキスト ボックスを空白のままにしておくと、vRealize Operations Manager は [色分け] メトリックの最高値と最低値を端の色にマッピングします。 最小値または最大値を指定すると、その値以上のメトリックは端の色で表示されます。