vRealize Operations Manager のヒート マップ機能を使用すると、仮想インフラストラクチャ内のオブジェクトのメトリック値に基づいて、トラブルの領域を見つけることができます。vCenter Operations Manager が使用する分析アルゴリズムにより、ユーザーはヒート マップを使用して、オブジェクトのパフォーマンスを仮想インフラストラクチャの全体にわたってリアルタイムで比較できます。

ヒート マップの仕組み

事前定義されたヒート マップを利用するか、独自のヒート マップを作成して、仮想環境内のオブジェクトのメトリック値を比較できます。vCenter Operations Manager の [詳細] タブには事前定義されたヒート マップがあり、一般的に使用されるメトリックを比較するのに使用できます。

ヒート マップを確認できる場所

左側のペインの 環境 アイコンでインベントリ ツリー オブジェクトを選択して、詳細 タブをクリックすると、ヒート マップ タブを利用できるようになります。ヒート マップ タブは 2 つのパネルに分割され、ヒート マップがパネルの間に表示されます。上部のパネルでは、ヒート マップの作成、編集、削除、またはクローン作成ができます。ヒープ マップの表示は、環境から選択するオブジェクトおよび選択するヒート マップによって異なります。

表 1. ヒート マップ リスト テーブルの列

説明

名前

ヒート マップの名前。

グループ化

ヒート マップにおけるオブジェクトの第 1 レベルのグループ化。

色による表示

各オブジェクトの長方形の色を決定します。

サイズ分け

各オブジェクトの長方形のサイズを設定する属性。

オブジェクト タイプ

オブジェクトのタイプ。

下部のパネルは、上部のパネルで選択した内容に応じて更新されます。ヒート マップ タブの下部のパネルには、上部のパネルで選択されたビューに基づいて計算されたオブジェクトのデータが表示されます。たとえば、選択したオブジェクトがホストの場合、結果はそのホストのすべてのオブジェクトのリストになります。

ヒート マップの表示

ヒート マップには異なるサイズと色の長方形が表示され、それぞれの長方形が仮想環境のオブジェクトを表します。長方形の色は、1 つのメトリックの値を示し、長方形の大きさは別のメトリックの値を示します。

vRealize Operations Manager は、各オブジェクトとメトリックに新しい値が収集されるとリアルタイムでヒート マップを更新します。ヒート マップの下の色付きのバーは凡例です。凡例は、色の範囲の端および中間点が示す値を示します。

ポップアップ ウィンドウでオブジェクトのリンクをクリックして詳細を表示します。