クラスタの更新のタイプごとに、特定の PAK ファイルが必要です。正しい PAK ファイルを使用していることを確認してください。

正しい PAK ファイルのダウンロード

vRealize Operations Manager環境を更新するには、アップグレードするクラスタに対して適切な PAK ファイルをダウンロードする必要があります。仮想アプライアンス クラスタのみが OS アップデート PAK ファイルを使用します。各ノードの /etc/hostsのホスト名エントリは、vRealize Operations 6.0.x からバージョン 6.1 へのアップデートのために OS アップデート PAK ファイルの適用時にリセットされることがあります。ホスト ファイルは、ソフトウェア アップデートの完了後に手動で更新できます。

表 1. さまざまなクラスタ タイプに対する個別の PAK ファイル

クラスタ タイプ

OS アップデート

製品アップデート

仮想アプライアンス クラスタ。

OS と製品の両方のアップデート PAK ファイルを使用してください。

vRealize_Operations_Manager-VA-OS-xxx.pak

vRealize_Operations_Manager-VA-xxx.pak

RHEL スタンドアロン クラスタ。

vRealize_Operations_Manager-RHEL-xxx.pak