アラートが生成されたオブジェクトと他のオブジェクトとの関連を表示するには、vRealize Operations Manager関係 タブのトポロジ マップを使用して環境を可視化します。

始める前に

関連オブジェクトと比較して、経時的にアラートを評価します。データストア アラートに対する応答におけるアラートとイベントの時系列比較 を参照してください。

このタスクについて

ネットワーク運用エンジニアとして、データストアとマップ内の関連オブジェクトを表示して、問題を詳しく理解し、アラート推奨を実装することにより、アラートで識別される問題を解決できるか判断します。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. アラート名のリンクをクリックします。

    中央のペイン表示が変更され、アラートの詳細タブが表示されます。

  3. 関係 タブをクリックします。

    関係 タブには、マップ内のデータストアが関連オブジェクトと共に表示されます。デフォルトでは、このアラートが影響するバッジがツールバーでのみ選択され、ツリー内のオブジェクトは色分けされた四角を表示して、バッジの現在の状態を示します。

  4. 他のバッジのオブジェクトのアラート ステータスを表示するには、健全性 ボタンをクリックして、次に 効率 ボタンをクリックします。

    各バッジ ボタンをクリックするたびに、各オブジェクトの四角にアラートが生成されたかどうかとアラートの重大度が表示されます。

  5. オブジェクトのアラートを表示するには、オブジェクトを選択して、アラートの表示 をクリックします。

    [アラート リスト] ダイアログ ボックスが表示され、オブジェクトのアラートを検索およびソートできます。

  6. マップ内のオブジェクトの子オブジェクトのリストを表示するには、そのオブジェクトをクリックします。

    オブジェクトタイプ別の子の数のリストが中央ペインの下部に表示されます。

  7. このオプションを使用して、データストアを評価します。

    たとえば、データストアに関連付けられた仮想マシンの数についてマップから何がわかるでしょうか? 多数の仮想マシンがデータストアに関連付けられている場合、それらを移動させれば、データストアのディスク容量が空く可能性があります。

次のタスク