オブジェクト グループ タイプは、環境内のオブジェクトを分類するために、環境内のオブジェクトの特定のグループに適用する識別子です。 vRealize Operations Manager がオブジェクト グループからデータを収集して結果をダッシュボードやビューに表示することができるように、新しいグループ タイプを追加して、それらをオブジェクトのグループに適用できます。

グループ タイプの動作

グループ タイプを使用してオブジェクトを分類し、vRealize Operations Manager でオブジェクトにポリシーを適用して、アラート、ワークロード、障害、リスクなどの特定のステータスを追跡および表示できるようにします。

新しいグループ タイプを作成すると、vRealize Operations Manager で既存のグループ タイプのリストに追加され、環境カスタム グループのリストに、そのグループ タイプの名前の新しいフォルダが作成されます。

新しいオブジェクト グループを作成するときには、そのオブジェクト グループにグループ タイプを 1 つ割り当てます。インベントリ ツリーのオブジェクトをカスタム グループに追加し、次にダッシュボードを作成して、そのダッシュボードにウィジェットを追加し、グループ内のオブジェクトから収集したデータを表示するようにウィジェットを構成します。 このようにすることで、オブジェクトを監視および管理できます。

グループ タイプは、手動で作成したオブジェクト グループ、または変更できないオブジェクト グループ(アダプタによって追加されたものなど)に適用できます。vRealize Operations Manager に追加した各アダプタによって、オブジェクトの 1 つまたは複数の静的なグループが追加され、アダプタ ソースから受信したデータがグループ化されます。

グループ タイプのリストは、グループ タイプ の [内容] 領域に表示されます。 カスタム オブジェクト グループは、カスタム グループ の [環境] 領域に表示されます。

グループ タイプを作成および変更する場所

グループ タイプを作成または変更するには、内容 をクリックしてから、グループ タイプ をクリックします。

グループ タイプのオプション

グループ タイプは、追加、編集、または削除できます。アダプタによって作成されたグループ タイプは編集できません。