Windows プラットフォームでは、Windows インストーラを使って Endpoint Operations Management エージェントをインストールすることができます。

始める前に

  • Endpoint Operations Management エージェントをデプロイするために必要な権限があることを確認します。Endpoint Operations Management エージェントをインストール可能なロールを含む vRealize Operations Manager のユーザー認証情報が必要です。vRealize Operations Manager でのロールと権限 を参照してください。

  • Endpoint Operations Management エージェントのインストール ディレクトリに vRealize Hyperic エージェントのインストールが含まれていないことを確認します。

  • すでにマシンに Endpoint Operations Management エージェントをインストール済みの場合は、エージェントが実行されていないことを確認します。

  • Windows のエージェント インストーラを実行する前に、Endpoint Operations Management または vRealize Hyperic エージェントが環境にインストールされていないことを確認してください。

  • vRealize Operations Manager のユーザー名とパスワード、vRealize Operations Manager サーバのアドレス (FQDN)、およびサーバ証明書のサムプリント値を知っている必要があります。この手順で、証明書のサムプリントについての追加情報を確認できます。

このタスクについて

エージェントのサイレント インストールを実行できます。Windows マシンへの Endpoint Operations Management エージェントのサイレント インストール を参照してください。

手順

  1. お使いの Windows プラットフォームに合った Windows のインストール用 EXE ファイルをダウンロードします。

    オペレーティング システム

    ダウンロードする RPM バンドル

    64 ビット オペレーティング システム

    epops-agent-x86-64-win-version.exe

    32 ビット オペレーティング システム

    epops-agent-x86-win-version.exe

  2. ファイルをダブルクリックして、インストール ウィザードを開きます。
  3. インストール ウィザードの手順を完了します。

    ユーザーとシステムのロケールが同じであり、インストール パスにシステム ロケールのコード ページに含まれる文字だけが含まれていることを確認します。ユーザーとシステムのロケールは、地域オプションまたは地域設定のコントロール パネルで設定できます。

    サーバ証明書のサムプリントの定義に関連する次の情報に注意してください。

    • サーバ証明書のサムプリントは、サイレント インストールを実行するために必要です。

    • サムプリントには SHA1 または SHA256 アルゴリズムを使用できます。

    • デフォルトでは、クラスタ内のすべてのノードの証明書の署名に使用される自己署名 CA 証明書が vRealize Operations Manager サーバによって生成されます。この場合、エージェントがすべてのノードと通信できるようにするには、サムプリントは CA 証明書のサムプリントでなければなりません。

    • vRealize Operations Manager 管理者は、デフォルトの証明書を使用する代わりにカスタム証明書をインポートできます。この場合は、その証明書に対応するサムプリントをこのプロパティの値として指定する必要があります。

    • 証明書のサムプリントの値を確認するには、https://IP Address/adminvRealize Operations Manager 管理インターフェイスにログインし、メニューバーの右側にある SSL 証明書 アイコンをクリックします。オリジナルの証明書をカスタム証明書で置き換えていない場合は、リスト内の 2 番目のサムプリントが正しいサムプリントです。オリジナルの証明書をカスタム証明書で置き換えた場合は、リスト内の最初のサムプリントが正しいサムプリントです。

  4. (オプション) : ep-agent.bat query を実行し、エージェントがインストールされ、実行中であるかどうかを確認します。

タスクの結果

Windows プラットフォーム上でエージェントの実行が開始されます。

注意:

インストール ウィザードで一部のパラメータを指定しなかったり、無効な値が指定されていても、エージェントの実行は開始されます。product installation path/log ディレクトリにある wrapper.log ファイルと agent.log ファイルを調べて、インストール エラーがないことを確認してください。