スコアボード ウィジェットには、選択したオブジェクトの各メトリックの現在の値が表示されます。

スコアボード ウィジェットの仕組み

各メトリックは、別個のボックスに表示されます。メトリックの値により、ボックスの色が決まります。ウィジェットの編集時に、それぞれの色に範囲を定義します。各メトリックの変更のトレンドを表示するため、スパークライン グラフを使用するようにウィジェットをカスタマイズできます。ボックスをポイントすると、ソース オブジェクトとメトリック データがウィジェットに表示されます。

スコアボード ウィジェットを編集するには、スコアボード ウィジェットをダッシュボードに追加します。このウィジェットには、ウィジェットの編集時に選択したオブジェクト、または別のウィジェットで選択したオブジェクトのメトリックを表示できます。スコアボード ウィジェットがセルフ プロバイダ モード以外の場合は、メトリック構成で選択した XML 構成ファイルで定義されたメトリックが表示されます。XML ファイルを選択しなかった場合、または選択したオブジェクトのタイプが XML ファイルに定義されていない場合に、事前定義された 10 個のメトリックを表示します。

たとえば、サンプルのスコアボード メトリック構成を使用し、トポロジ グラフ ウィジェットからオブジェクトを取得するようにスコアボード ウィジェットを構成できます。トポロジ グラフ ウィジェットでホストを選択すると、ホストのワークロード、メモリ、CPU 使用量がスコアボード ウィジェットに表示されます。

同じダッシュボードにあるソース ウィジェットを設定するには、ダッシュボードの編集時に [ウィジェットの相互作用] メニューを使用する必要があります。別のダッシュボードにあるソース ウィジェットを設定するには、ソース ダッシュボードの編集時に [ダッシュボードのナビゲーション] メニューを使用する必要があります。

スコアボード ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

スコアボード ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

メトリック構成

情報が別のウィジェットとの相互作用に基づいている場合、表示する属性を持つリストを指定します。

CLI ディレクトリを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、リソース相互作用 XML ファイルの追加を参照してください。ユーザー インターフェイスを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、メトリック構成の管理を参照してください。

新規作成された XML ファイルがウィジェットの メトリック構成 ドロップダウン メニューに表示されます。

レイアウト モード

固定サイズまたは固定ビューのレイアウトを選択します。

ボックスの高さ

ボックスの列

これらのメニューを使用して、各オブジェクトのボックスのサイズをカスタマイズします。

ビジュアル テーマ

ウィジェットの各インスタンス用の事前定義されたビジュアル スタイルを選択します。オプションは オリジナルテーマ 1テーマ 2テーマ 3テーマ 4 です。デフォルト スタイルはテーマ 2 です。

ラベル サイズ

値のサイズ

これらのメニューを使用して、ウィジェットに表示されるスコアの形式をカスタマイズします。

オブジェクト名を表示

オブジェクト名を表示するかどうかを選択します。

メトリック名の表示

ウィジェットでメトリックの名前を表示するかどうかを選択します。

  • オン。選択したメトリックの名前がウィジェットに表示されます。

  • オフ。選択したメトリックの名前はウィジェットに表示されません。

メトリックの単位を表示

ウィジェットでメトリックの単位を表示するかどうかを選択します。

  • オン。選択したメトリックの名前がウィジェットに表示されます。

  • オフ。選択したメトリックの名前はウィジェットに表示されません。

スパークラインを表示

各メトリックのスパークライン チャートを表示するかどうかを選択します。ウィジェットでスパークラインを表示することを選択した場合は、チャートに含まれる 期間の長さ オプションから時間枠を選択できます。

期間の長さ

スパークライン チャートに表示される統計情報の期間を選択します。

オブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

  • オブジェクト ツリー

    オブジェクト データ グリッドのオブジェクトのリストをフィルタリングできます。1 つ以上のオブジェクト タイプを選択でき、そのタイプのすべてのオブジェクトがデータ グリッドに表示されます。たとえば、インベントリ内の仮想マシンおよび vCenter Serverに関する情報を表示するには、すべて折りたたむ をクリックし、オブジェクト ツリーの オブジェクト タイプ を展開して、仮想マシンvCenter Server を選択します。データ グリッドには、インベントリの仮想マシン オブジェクトとvCenter Serverオブジェクトのみが表示されます。アダプタ タイプを選択解除するには、すべて選択解除 をクリックします。

  • オブジェクト データ グリッド

    環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、メトリックを選択するオブジェクトを特定できます。

    リストのオブジェクトをクリックすると、そのメトリックがメトリック ツリーに表示されます。リスト内のオブジェクトにマークを付け、複数選択の相互作用の実施 ツールバー アイコンをクリックすると、データ グリッドから複数のオブジェクトを選択できます。1 つまたは複数のオブジェクトを選択解除するには、選択のクリア ツールバー アイコンをクリックします。

オブジェクト タイプ

利用可能なオブジェクト タイプのリスト。メトリック ツリーの基準となるオブジェクト タイプを選択する場合に使用します。メトリック ペインで オブジェクトの選択 ツールバー アイコンをクリックするときに、オブジェクト タイプからオブジェクトを選択し、そのメトリックを選択できます。[オブジェクトの選択] をクリックすると、選択したオブジェクト タイプのオブジェクトのリストに移動します。たとえば、[オブジェクト タイプ] データ グリッドで データセンター を選択し、オブジェクトの選択 をクリックすると、環境内のデータセンターを含むリストに移動します。

メトリック ツリー

データ グリッドで選択したオブジェクトまたはオブジェクト タイプに使用できるメトリックを表示します。メトリック ツリーを使用して、ウィジェットの基準となるメトリックを選択します。共通メトリックの表示 ツールバー アイコンをクリックすると、いくつかのオブジェクトの共通メトリックをメトリック ツリーに表示できます。複数のメトリックを選択するには、ツリーからメトリックを選択し、複数選択の相互作用の実施 をクリックします。

オブジェクト タイプ タブを使用すると、オブジェクトの選択 ツールバー アイコンが表示されます。

オブジェクト リスト

ウィジェットに表示されるオブジェクトとそのメトリックのリスト。

オブジェクト データ グリッドおよびメトリック ツリーで選択したオブジェクトとメトリックは、[オブジェクト] 列と [メトリック] 列に反映されます。

ボックス ラベル テキスト ボックスを使用すると、ウィジェットの各メトリック ボックスのラベルをカスタマイズできます。

測定単位 テキスト ボックスを使用すると、各メトリックの測定単位を定義できます。

カラー メソッド オプションを使用すると、色付けの条件を定義できます。メトリック ボックスの色の値を定義するには、テキスト ボックスに値を入力します。色を使用しない場合は、なし を選択します。

すべてに適用 ツールバー アイコンを使用すると、1 つのメトリック ボックスをカスタマイズし、同じカスタマイズをすべてのメトリックに適用できます。

たとえば、仮想マシンの残りのメモリ容量を確認するには、仮想マシン をオブジェクト タイプとして選択し、メトリック ツリーの メモリ を展開し、残り容量(%) をダブルクリックします。メトリックを確認しやすくするため、わかりやすいラベル名と測定単位を定義してください。カラー メソッド ドロップダウン メニューで カスタム を選択し、色ごとに異なる値(黄色には 50、オレンジには 20、赤には 10 など)を指定できます。選択した他のすべてのメトリックに同じラベルと色の条件を適用するには、すべてに適用 をクリックします。