すべての vRealize Operations Managerクラスタは、マスター ノード、高可用性のためのオプションのレプリカ ノード、オプションのデータ ノード、およびオプションのリモート コレクタ ノードで構成されます。

vRealize Operations Managerをインストールする場合、vRealize Operations Manager vApp デプロイまたは Linux インストーラを使用して、ロールなしのノードを作成します。ノードが作成され、名前と IP アドレスが取得された後、管理インターフェイスを使用して、ロールに従ってそれらを構成できます。

ロールなしのノードは、一度にまとめて作成したり、必要に応じて作成したりできます。一般に、環境が大きくなるにつれてノードを必要に応じて追加し、vRealize Operations Managerをスケール アウトして環境を監視します。

vRealize Operations Manager分析クラスタは次のノード タイプで構成されます。

マスター ノード

vRealize Operations Managerの必須の初期ノードです。他のノードはすべてマスター ノードにより管理されます。

単一ノード インストールでは、マスター ノードが自身を管理し、自身にアダプタがインストールされ、すべてのデータ収集および分析を行います。

データ ノード

大規模なデプロイでは、追加のデータ ノードにアダプタがインストールされ、収集および分析を行います。

大規模なデプロイでは通常、データ ノードにのみアダプタがあり、マスター ノードおよびレプリカ ノードのリソースはクラスタ管理専用にできます。

レプリカ ノード

vRealize Operations Managerの高可用性 (HA) を有効にするには、クラスタのデータ ノードをマスター ノードのレプリカに変換する必要があります。

次のノード タイプは vRealize Operations Managerクラスタのメンバーですが、分析クラスタの一部ではありません。

リモート コレクタ ノード

分散展開では、ファイアウォールの操作、リモート データ ソースとのやりとり、データ センター間の帯域幅の低減、またはvRealize Operations Manager分析クラスタ上の負荷の低減を行うことができるリモート コレクタ ノードが必要になる場合があります。 リモート コレクタは、インベントリ用のオブジェクトの収集のみを行います。データを保管したり、分析を実行したりしません。また、リモート コレクタ ノードは、クラスタの残りのノードとは異なるオペレーティング システムにインストールすることもできます。