監視対象システムによって公開されたイベントに基づく障害症状を定義して、1 つ以上の症状をアラート定義に追加できるようにします。 トリガーされた症状に基づいて、アラートを解決したり、vRealize Operations Manager の他の問題をトラブルシューティングしたりできます。

障害症状の定義の仕組み

障害症状は、症状定義で選択したいずれかの障害イベントが発生したため障害が基本オブジェクトでアクティブになるとトリガーされます。

障害症状の定義ワークスペースの場所

障害メッセージ イベントに基づいて症状を定義するには、左側のペインで 内容 アイコンをクリックし、症状の定義 > 障害の症状の定義を選択します。 追加 をクリックし、ワークスペースでプロパティに基づく症状を定義します。

アラートの定義のワークスペースでアラートを定義する通りに症状を定義することもできます。

表 1. 障害の症状ワークスペースのオプション

オプション

説明

障害セレクタ

症状の作成に使用するコンポーネント。

基本オブジェクト タイプ

症状が評価される対象のオブジェクト。

障害の定義

選択した基本オブジェクト タイプの障害定義を選択します。

オブジェクト タイプによって、障害定義がない場合もあれば、複数の定義がある場合もあります。

症状の定義ワークスペース

障害定義を右側のペインにドラッグします。

障害症状の定義

障害イベントは、監視対象システムからの公開済みイベントです。 単一の障害イベント症状を構成することも、複数の症状を追加することもできます。

たとえば、基本オブジェクトがホストで、未知のタイプの障害定義としてハードウェア センサー障害をドラッグした場合は、障害を示す 2 つのテキスト文字列のうち 1 つを選択します。

オプションを構成します。

  • 障害イベント。 障害を有効化する 1 つ以上の障害イベントを選択します。 文字列を選択しない場合は、指定されたいずれかの文字列が評価されます。

  • 重要度レベル。症状がトリガーされるときの症状の重要度。

  • 症状の名前。症状の名前です。この名前は、アラート定義を構成するときに症状のリストに表示されます。また、アラートが生成されたときや、トリガーされた症状を表示するときにこの名前が表示されます。

  • 待機サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は true を維持し、この期間が過ぎると症状がトリガーされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が true になったときに、同じ収集サイクルで症状がトリガーされることを意味します。

  • キャンセル サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は false になり、この期間が過ぎると症状はキャンセルされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が false になったときに、同じサイクルで症状がキャンセルされることを意味します。