既存の仮想マシン プロファイルをモデルとして使用するプロジェクト シナリオを作成できます。プロジェクト シナリオは、1 台以上の仮想マシンをホストまたはクラスタに追加する場合のリソース要件をシミュレートします。

このタスクについて

プロジェクト シナリオの設定を構成して仮想マシンを追加する場合は、既存のプロファイルから計画された仮想マシンのリソースの値を生成できます。または、既存の仮想マシンから値をコピーできます。

仮想マシンのキャパシティ メトリックの値を計算するために、vRealize Operations Manager は、ユーザーが選択したプロファイルに従って、CPU、メモリ、ディスク ディメンションのキャパシティをパーティション化します。

CPU およびメモリの最大数については、VMware vSphereのドキュメントを参照してください。

手順

  1. vRealize Operations Manager ナビゲーション ツリーで、計画された仮想マシンを含むホストまたはクラスタをクリックし、プロジェクト をクリックします。
  2. Add New Project をクリックします。
  3. [プロジェクト] ワークスペースで、プロジェクトの名前と説明を入力します。
  4. [ステータス] として、計画済み - バッジへの影響なし を選択します。
  5. ワークスペースで、シナリオ をクリックします。
  6. [デマンドの追加] の下で、仮想マシンの追加 という名前のシナリオを [シナリオ] 領域にドラッグします。
  7. [構成] 領域で、プロジェクト シナリオ用の一般パラメータを入力します。
    1. プロジェクト シナリオを実施する日時を選択します。
    2. メトリックの取り込み元 をクリックし、既存のプロファイルまたは既存の仮想マシンを選択し、OK をクリックします。

      オプション

      操作

      定義済みプロファイルからメトリック値をコピーします。

      プロファイルのドロップダウン メニューから、計画した仮想マシンのメトリック値を取り込む既存のプロファイルを選択します。

      既存のオブジェクトからメトリック値をコピーします。

      既存の仮想マシンのドロップダウン メニューから、計画した仮想マシンのメトリック値を取り込む仮想マシンを選択します。選択したオブジェクトに存在する仮想マシンが表示されます。

    3. (オプション) : 仮想マシンを複製するには、仮想マシン数を増やします。
    4. 計画された仮想マシンの影響を表示チャートで確認するには、プロジェクトを保存して編集を続行する をクリックします。

      [キャパシティ コンテナ] を 最も制約が大きいもの に設定すると、仮想化チャートは、プロジェクト シナリオを実装したときに CPU 不足を示すことがあります。不足は、CPU の割り当てが使用できるキャパシティよりも大きいために発生することがあります。この場合は、プロジェクト シナリオを実施する前に、CPU キャパシティを追加する必要があります。

  8. 設定に基づいたキャパシティ予測に問題がなければ、保存 をクリックしてシナリオをプロジェクトに追加します。
  9. [プロジェクト] タブで、リスト内のプロジェクトをクリックし、プロジェクト リストの真上の領域にドラッグします。

タスクの結果

vRealize Operations Manager により、プロジェクトとシナリオが表示チャートに適用されます。プロジェクトで予測されるキャパシティが、チャートに灰色のラインとして表示されます。

次のタスク

表示チャートで、現在使用可能なキャパシティと、プロジェクトで定義した環境の変更を行った場合に必要な実際のキャパシティを評価します。仮想マシンに必要なキャパシティを予約するためにプロジェクトをコミットするかどうかを判断します。