ユーザー インターフェイスにテキストを表示するには、テキスト表示ウィジェットを使用します。テキストは、ダッシュボード上のテキスト表示ウィジェットに表示されます。

テキスト表示ウィジェットでは、Web ページまたはテキスト ファイルからテキストを読み取ることができます。テキスト ウィジェットを構成するときに、Web ページの URL またはテキスト ファイルの名前を指定します。テキスト表示ウィジェットを使用してテキスト ファイルを読み取るには、テキスト ファイルのあるディレクトリへのパスを指定する必要があります。たとえば、vRealize Business for Cloud アダプタを構成すると、関連データが [ビジネス管理] ダッシュボードに表示されます。

テキスト表示ウィジェットは、HTTPS プロトコルを使用する Web サイトを表示できます。HTTP を使用する Web サイトに対するテキスト表示ウィジェットの動作は各 Web サイトの設定によって異なります。

テキスト表示ウィジェットの構成オプションの仕組み

テキスト表示モードを使用するようにウィジェットを構成する場合は、読み取るファイルを含むディレクトリのパスを指定するか、または URL を指定できます。URL のコンテンツはテキストとして表示されます。

コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンドを使用して、ファイルの内容をテキスト表示ウィジェットに追加できます。

  • パラメータのリストを表示するには、file -h|import|export|delete|list txtwidgetコマンドを実行します。

  • テキストまたは HTML のコンテンツを表示するには、import txtwidget input-file [--title title] [--force]コマンドを実行します。

  • コンテンツをファイルにエクスポートするには、export txtwidget all|title[{,title}] [output-dir]コマンドを実行します。

  • インポートしたコンテンツを削除するには、delete txtwidget all|title[{,title}]コマンドを実行します。

  • コンテンツのタイトルを表示するには、list txtwidget コマンドを実行します。

テキスト表示ウィジェットの構成オプションを確認できる場所

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、コンテンツ > ダッシュボード の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、追加 アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、編集 アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で ウィジェット リスト をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

表 1. テキスト表示ウィジェットの構成オプション

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

表示モード

テキスト形式または HTML 形式でテキストが表示されます。

URL

URL を入力します。

ファイル

参照 ボタンをクリックして、ソース テキスト ファイルを含むファイルに移動します。

ソース テキスト ファイルを追加、編集、または削除するには、[メトリック構成の管理] ページで TxtWidgetContent ノードに移動します。vRealize Operations Managerのユーザー インターフェイスで、コンテンツ > メトリック構成の管理 に移動します。

テスト

入力したテキスト ファイルまたは URL が正しいことを確認します。