クラスタとノードの保守作業をすることで、vRealize Operations Managerはクラスタやノードの保守がより効率的に行えるようになります。これらの作業には、クラスタや各ノードのオンラインとオフライン状態の変更、高可用性 (HA) の有効化と無効化、インストールされたアダプタに関連する統計情報の表示、パフォーマンス向上のためのワークロードの再調整などがあります。

vRealize Operations Managerのクラスタとノードの保守については、製品のインターフェイスの [クラスタの管理] ページか、管理インターフェイスの [クラスタのステータスおよびトラブルシューティング] ページでほとんどの作業を行います。管理インターフェイスでは、製品のインターフェイスよりも多くのオプションが提供されています。

表 1. クラスタとノードの保守手順

手順

インターフェイス

説明

クラスタのステータスの変更

管理/製品

ノードのステータスをオンラインまたはオフラインに変更できます。

高可用性(HA)クラスタでは、マスターまたはレプリカをオフラインにすると、vRealize Operations Managerは残りのノードから実行され、HA ステータスが低下します。

クラスタを再起動する手動アクションまたはシステム アクションを実行すると、以前にオフラインにしたノードも含め、すべての vRealize Operations Managerノードがオンラインになります。

複数ノード クラスタの一部であるデータ ノードをオフラインにした後でオンラインに戻した場合、Endpoint Operations Managementアダプタが自動的にオンラインになりません。Endpoint Operations Managementアダプタをオンラインにするには、インベントリ エクスプローラで Endpoint Operations Management アダプタを選択し、コレクタを開始 アイコンをクリックします。

高可用性の有効化または無効化

管理

高可用性を有効または無効にするには、すべてのノードをオンラインにした状態、またはすべてのノードをオフラインにした状態で、クラスタに少なくとも 1 つのデータ ノードを配置する必要があります。リモート コレクタ ノードは使用できません。

高可用性を無効にすると、レプリカ ノードが削除され、vRealize Operations Managerクラスタが再起動されます。

高可用性を無効にすると、レプリカ ノードの vRealize Operations Managerが再びデータ ノードに変換され、クラスタが再起動されます。

パスフレーズの生成

管理

このクラスタにノードを追加するために管理者の認証情報の代わりに使用できるパスフレーズを生成できます。

パスフレーズは 1 回の使用にのみ有効です。

ノードの削除

管理

高可用性 (HA) モードで実行していなければ、ノードを削除すると、ノードが収集したデータが失われます。HA により、ノードの削除や損失からデータが保護されます。

すでに削除したvRealize Operations Managerに、ノードを再度追加しないでください。使用している環境でさらにノードが必要な場合は、新規ノードを追加してください。

保守および移行の手順を実行するときには、ノードを削除せずに、ノードをオフラインにする必要があります。

NTP の設定

製品

vRealize Operations Managerクラスタ内のノードは、マスター ノード時間で標準化するか、外部ネットワーク タイム プロトコル (NTP) ソースと同期することにより相互に同期します。

クラスタのリバランス

製品

vRealize Operations Managerクラスタ ノード間でアダプタ、ディスク、メモリ、ネットワーク負荷をリバランスして、環境の効率を上げることができます。