AgentHome/bin ディレクトリ内の epops-agent.bat スクリプトを使用して、エージェント起動ツールおよびエージェント ライフサイクル コマンドを開始できます。

手順

  1. ターミナル ウィンドウを開きます。
  2. epops-agent.bat command の形式を使用して、必要なコマンドを入力します。ここで、command は次のうちのいずれかです。

    オプション

    説明

    install

    エージェント NT サービスをインストールします。install を実行した後に start を実行する必要があります。

    start

    エージェントを NT サービスとして起動します。

    stop

    NT サービスとしてのエージェントを停止します。

    remove

    エージェントのサービスを NT サービス テーブルから削除します。

    query

    エージェント NT サービスの現在のステータスを問い合わせます (status)。

    dump

    エージェント プロセスのスレッド ダンプを実行し、その結果を AgentHome/log 内の agent.log ファイルに書き込みます。

    ping

    エージェント プロセスに対して ping を実行します。

    setup

    既存のトークンを使用して証明書を再登録します。