メトリックやアラートを含む、オブジェクト管理の機能(ダッシュボードとポリシーに事前に組み込まれている機能や、カスタム監視ツールに統合する機能など)を使用すると、稼働し続ける必要があるオブジェクト、アプリケーションおよびシステムに注意することができます。

vRealize Operations Managerは、環境内のオブジェクトを検出して、それらを使用できるようにします。vRealize Operations Managerが提供する情報から、オブジェクトにすばやくアクセスして構成できます。たとえば、データストアが接続されているか、データを提供しているかどうか、または仮想マシンをパワーオンできるかどうかを確認できます。