vRealize Operations Manager の問題をトラブルシューティングする際、vRealize Operations Manager サポート バンドルを作成して、ログおよび構成ファイルを収集します。

このタスクについて

サポート バンドルを作成する場合、便利のよいように vRealize Operations Manager がクラスタ ノードから ZIP ファイルを収集します。

手順

  1. 左側のペインで、管理 をクリックします。
  2. サポート > サポート バンドル を選択します。
  3. ツールバーからボタンをクリックして、サポート バンドルを追加します。
  4. ライト サポート バンドルまたはフル サポート バンドルを作成するオプションを選択します。
  5. サポート用に評価する必要があるクラスタ ノードを選択します。

    選択したノードのログのみ、サポート バンドルに含まれます。

  6. OK をクリックし、OK をクリックして、サポート バンドルの作成を確認します。

    ログのサイズとノードの数によっては、vRealize Operations Manager がサポート バンドルを作成するのに時間がかかる場合があります。

次のタスク

ツールバーを使用して、分析用にサポート バンドルの ZIP ファイルをダウンロードします。 セキュリティのために、サポート バンドルをダウンロードするときに、vRealize Operations Manager から、認証情報の入力を求められます。

ログ ファイルでエラー メッセージを確認するか、トラブルシューティングの支援が必要な場合は、診断データを VMware テクニカル サポートに送ることができます。問題が解決または終了したら、ツールバーを使って、ディスク容量を節約するために古いサポート バンドルを削除してください。