vRealize Operations Manager のワークロードは、オブジェクトがアクセスできる実際のキャパシティに対する必要なリソース デマンドのことです。ワークロード バッジの値は、リソースに関してあるオブジェクトがどれだけ動作するのかに基づいたスコアです。ワークロード値は、キャパシティの制約を調査する際や、環境内のオブジェクトの全体的な状態を評価する際の、調査ツールとして使用します。

ワークロード バッジ

vRealize Operations Manager のワークロード分析バッジは、リソースに関してあるオブジェクトがどれだけの動作を求められるかを示します。vRealize Operations Manager は、定義済みのバッジ スコアしきい値を基にした色付きアイコンでワークロードを表します。

ワークロード スコアの範囲は 0 (良好) から 100 超 (不良) までとなります。バッジ スコアしきい値は vRealize Operations Manager 管理者が変更できます。

ワークロード バッジ スコアのシンプトムしきい値を構成するには、ポリシーを参照してください。

表 1. オブジェクト ワークロードの状態

バッジ アイコン

説明

ユーザー アクション

オブジェクトのワークロードは過剰ではありません。

注意は必要ありません。

オブジェクトに何らかの高リソース ワークロードが発生しています。

詳細を確認して、適切な処置を行います。

オブジェクトのワークロードが少なくとも 1 つの領域で容量に接近しています。

詳細を確認して、なるべく早急に適切な処置を行います。

オブジェクトのワークロードが少なくとも 1 つの領域で容量以上となっています。

速やかに対処して、問題を回避または修正してください。

オブジェクトがオフラインであるか、または使用可能なデータがありません。

ワークロードバッジを確認できる場所

ワークロード バッジを表示するには、左側のペインの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、分析 タブ、ワークロード タブの順にクリックします。

表 2. 選択されたインベントリ オブジェクトに基づくワークロード

アイテム

説明

バッジ ステータス

ワークロード ポリシーに基づいたオブジェクトのワークロード ステータス。

ワークロード トレンド

時間の経過に伴うオブジェクトのバッジ値の推移。

この傾向のビューを使用すると、一定期間の動作を確認して、オブジェクトの変化を示すバッジ値の変化がいつ起きたかを識別できます。

傾向データの時間値は、オブジェクトに関連付けられたポリシーの [時刻] 分析設定で定義される [データ範囲] 設定に基づきます。

ワークロードの内訳

現在のワークロードの内訳。

表示される情報は、オブジェクト タイプにより異なります。

関連オブジェクトのワークロード

関連オブジェクトのワークロード ステータス。

関連オブジェクトを使用して、問題が影響を与えているのは現在のオブジェクトのみか、または関連オブジェクトでも問題が発生しているのかを判定します。

詳しい分析

選択した分析バッジに関連するワークロードの問題をトラブルシューティングするための、詳しい分析オプションを一覧表示します。

詳しい分析では、過去 24 時間のデータを使用します。

オブジェクト リソース

オブジェクトのために構成されたリソース。

ワークロード ポリシー設定

ポリシー設定では、ワークロードに使用する内容が表示されます。