コンテナの概要ウィジェットには、オブジェクトの健全性、リスク、および効率のグラフと、環境内にあるオブジェクトのリストが表示されます。

コンテナの概要ウィジェット

コンテナの概要ウィジェットの仕組み

コンテナの概要ウィジェットには、オブジェクトまたはオブジェクトのリストの、現在および以前の健全性のステータス、リスク、および効率が表示されます。ウィジェットの構成で オブジェクト モードを選択して、関心のある 1 つ以上のオブジェクトに関する情報が表示されるようにウィジェットを構成できます。 ウィジェットの構成で オブジェクト タイプ モードを選択すると、1 つ以上のオブジェクト タイプのすべてのオブジェクトに関する情報がウィジェットに表示されます。 オブジェクトをクリックすると、データ グリッド内にある各オブジェクトのオブジェクト詳細ページを開くことができます。

コンテナの概要ウィジェットは、ダッシュボードに追加してから編集します。オブジェクト または オブジェクト タイプ モードを使用することで、1 つのオブジェクトに関する情報を表示するように、または特定のオブジェクト タイプのすべてのオブジェクトに関する情報を表示するようにウィジェットを構成できます。構成オプションは選択するモードに応じて変わります。

コンテナの概要ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

コンテナの概要ウィジェットのツールバーのオプション

コンテナの概要ウィジェットの上部のツールバーには、他のウィジェットまたはダッシュボードに関する詳細情報の確認に使用できるアイコンが表示されます。

オプション

説明

複数選択の相互作用の実施

ウィジェットが、ダッシュボード上の別のウィジェットへの提供者となっている場合は、複数の行を選択してこのボタンをクリックできます。受け取り側のウィジェットでは、選択した相互作用の項目に関連するデータのみが表示されます。

Ctrl キーを押しながらクリック (Windows の場合)するか、Cmd キーを押しながらクリック(Mac OS X の場合)して個別のオブジェクトを複数選択するか、Shift キーを押しながらクリックしてオブジェクトの範囲を選択してからこのアイコンをクリックすると、相互作用が有効になります。

フィルタ

データ グリッド内のオブジェクトをフィルタリングできます。

ダッシュボードのナビゲーション

別のダッシュボードから情報を探索できます。

注:

このツールバー アイコンは、別のダッシュボードのウィジェットと相互作用するようにウィジェットを構成するときに使用します。ダッシュボードの構成で ダッシュボードのナビゲーション メニューを使用して、相互作用するようにウィジェットを構成します。

オブジェクト データ グリッドからオブジェクトを選択し、ツールバー アイコンをクリックすると、関連するダッシュボードが表示されます。たとえば、別のダッシュボード(たとえば「ダッシュボード 1」)にあるトポロジ グラフ ウィジェットに情報が送信されるようにウィジェットを構成できます。データ グリッドから仮想マシンを選択し、複数選択の相互作用の実施 をクリックしてから ダッシュボードのナビゲーション をクリックし、移動 > ダッシュボード 1 を選択します。 これで、「ダッシュボード 1」に移動し、選択した仮想マシンとそれに関連するオブジェクトを表示できます。

データ グリッドに表示される情報は、並べ替えたりフィルタリングできます。

オプション

説明

名前

オブジェクトの名前

健全性

健全性パラメータに関する情報が表示されます。

オブジェクトの現在の健全性ステータスのバッジが表示されます。バッチをポイントすると、ツール チップに表示されるステータスを確認できます。

[過去 24 時間] には、過去 24 時間の健全性パラメータの統計が表示されます。

リスク

リスク パラメータに関する情報が表示されます。

オブジェクトの現在のリスク ステータスのバッジが表示されます。バッチをポイントすると、ツール チップに表示されるステータスを確認できます。

[過去 1 週間] には、過去 1 週間の健全性パラメータの統計が表示されます。

効率

効率パラメータに関する情報が表示されます。

オブジェクトの現在の効率ステータスのバッジが表示されます。バッチをポイントすると、ツール チップに表示されるステータスを確認できます。

[過去 1 週間] には、過去 1 週間の効率パラメータの統計が表示されます。

コンテナの概要ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

モード

環境内の 1 つのオブジェクトを選択して表示するには オブジェクト を使用します。

表示するオブジェクトのタイプを選択するには オブジェクト タイプ を使用します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

オブジェクト ツリー

[モード] オプションから オブジェクト を選択すると、オブジェクト ツリーが表示されます。オブジェクト データ グリッドのオブジェクトのリストをフィルタリングできます。1 つ以上のオブジェクト タイプを選択できます。また、そのタイプのすべてのオブジェクトがデータ グリッドに表示されます。たとえば、インベントリ内の仮想マシンおよび vCenter Serverに関する情報を表示するには、すべて折りたたむ をクリックし、オブジェクト ツリーの オブジェクト タイプ を展開して、仮想マシンvCenter Server を選択します。これにより、データ グリッドにインベントリ内の仮想マシンとvCenter Serverオブジェクトのみが表示されます。すべて選択解除 をクリックすると、アダプタ タイプを選択解除できます。

オブジェクト データ グリッド

注:

モード オプションから オブジェクト を選択すると、オブジェクト データ グリッドが表示されます。

環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。

リストのオブジェクトをクリックすると、[選択したオブジェクト] ペインにそのオブジェクトが表示されます。リスト内のオブジェクトにマークを付け、複数選択の相互作用の実施 ツールバー アイコンをクリックすると、データ グリッドから複数のオブジェクトを選択できます。1 つまたは複数のオブジェクトを選択解除するには、選択のクリア ツールバー アイコンをクリックします。

選択したオブジェクト

モード オプションから オブジェクト を選択すると、[選択したオブジェクト] ペインが表示されます。

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

オブジェクト データ グリッドから最初にオブジェクトを選択するときに、オブジェクトを追加できます。オブジェクトを選択するときに、オブジェクトの削除 ツールバー アイコンをクリックすると、リストからオブジェクトを削除できます。

選択したオブジェクト タイプ

[モード] オプションから オブジェクト タイプ を選択すると、[選択したオブジェクト タイプ] が表示されます。このオプションを選択すると、表示するオブジェクトのタイプが表示されます。

オブジェクト タイプ リスト

[モード] オプションから オブジェクト タイプ を選択すると、選択したオブジェクト タイプが表示されます。デフォルトで、このリストには環境で使用可能なすべてのオブジェクト タイプが表示されます。リスト内のタイプをクリックして、タイプを選択できます。アダプタ タイプ ドロップダウン メニュー、またはFilter テキスト ボックスを使用してタイプを選択することで、リストのタイプをフィルタリングできます。ドロップダウン メニューのプラス記号をクリックすると、フィルタを削除できます。