仮想マシン プロジェクトは、仮想環境に実際の変更を適用しないで新規仮想マシンをクラスタまたはホストに追加することの影響を評価します。

このタスクについて

適切な CPU およびメモリの最大数については、VMware vSphereのドキュメントを参照してください。

手順

  1. [インベントリ] ペインで移動先オブジェクトを選択します。

    シナリオを実装する場合、宛先オブジェクトは、新しい仮想マシンを配置するクラスタまたはホストです。

  2. プロジェクト タブをクリックし、新規プロジェクトの追加 アイコンをクリックします。
  3. [プロジェクト] ワークスペースから、プロジェクトの名前と説明を入力します。
  4. 計画済み ステータスを選択します。
  5. このプロジェクトにシナリオを追加するには、シナリオ をクリックします。
  6. 仮想マシンの追加 シナリオを選択し、[シナリオ] 領域にドラッグします。
  7. 仮想マシン数と、仮想マシンの設定を設定します。

    vRealize Operations Manager では、新しい仮想マシンのディスク I/O とネットワーク I/O の使用量を設定する必要はありません。vRealize Operations Manager は、ホストまたはクラスタ内の仮想マシンのディスク I/O とネットワーク I/O の平均使用量を、新しい仮想マシンの使用量の予測として使用します。

  8. 構成の選択が終了したときに表示チャートでの影響を確認するには、プロジェクトを保存して編集を続行する をクリックします。
  9. プロジェクトにシナリオを追加するには、保存 をクリックします。
  10. プロジェクト ワークスペースを閉じるには、閉じる をクリックします。

    閉じる をクリックすると、すべての変更が破棄されます。プロジェクトを保存して編集を続行する をクリックすると、以前に保存されていないすべての変更が保持されます。

タスクの結果

選択したオブジェクトに vRealize Operations Manager によってプロジェクトが適用されます。プロジェクトでは、現在のキャパシティと、仮想マシンをターゲット オブジェクトに追加したときの予想されるキャパシティの比較が表示されます。