環境内のオブジェクトに問題がある場合、vRealize Operations Manager ではアラートによって通知されます。このシナリオでは、担当しているオブジェクトのアラートの監視と処理に利用できる方法の 1 つを示します。

このタスクについて

アラートは、アラートのシンプトムの 1 つ以上がトリガーされるときに生成されます。構成方法に応じて、アラートは 1 つのシンプトムがトリガーした場合に発生するか、またはすべてのシンプトムが起動した場合に発生します。

アラートが生成されるときには、環境内のオブジェクトに与える悪影響に基づいてアラートを処理する必要があります。このためには、健全性アラートから開始し、クリティカル度に基づいてそれらを処理します。

仮想インフラストラクチャ管理者として、少なくとも日に 2 回はアラートを確認します。このシナリオでは、評価プロセスの一部として、次のアラートが発生します。

  • 仮想マシンに予期しない高い CPU ワークロードがかかっています

  • 少数の仮想マシンに起因するメモリの競合が発生しています

  • クラスタには、メモリ圧縮、バルーニング、またはスワッピングのためにメモリ競合が発生している仮想マシンが多く存在します

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. 左側のペインで、健全性 アラート リストをクリックします。

    健全性アラートは、ただちに対処する必要があるアラートです。

  3. [クリティカル度] 列にカーソルを置き、下矢印をクリックし、降順に並べ替え を選択します。

    このリストは、現在、クリティカル度順に並んでいます(リストの先頭にクリティカル アラートが示され、続いて緊急アラート、警告アラート、情報アラートの順に示されている)。

  4. 名前、アラートがトリガーされたオブジェクト、オブジェクト タイプ、およびアラートが生成された時刻別にアラートを確認します。

    たとえば、自分が管理を担当しているオブジェクトだとわかるものがありますか。今後 1 時間の間に実施する修正によってオブジェクトの健全性ステータスに影響を与えているアラートのどれかが修正されるということを認識していますか。リソース制約のためにアラートの一部は現時点では解決できないことを認識していますか。

  5. 仮想マシンに予期しない高い CPU ワークロードがかかっています」というアラートの所有権が自分にあることを他の管理者やエンジニアに示すには、Ctrl キーを押したまま選択しているアラートをクリックし、所有権の取得 をクリックします。

    [所有者] 列は自分のユーザー名で更新されます。アラートの所有権を獲得できるだけで、他のユーザーに割り当てることはできません。

  6. アラートの所有権を取得して、オブジェクトの状態への影響からそのアラートを一時的に除外するには、リスト内の「少数の仮想マシンに起因するメモリの競合が発生しています」というアラートを選択し、サスペンド をクリックします。
    1. このアラートを 1 時間サスペンドするには、60 を入力します。
    2. OK をクリックします。

    アラートが 60 分間サスペンドされ、アラート リストに自分が所有者として示されます。1 時間以内にそのアラートが解決されない場合、そのアラートはアクティブ状態に戻ります。

  7. クラスタには、メモリの圧縮によるメモリ競合、バルーニング、またはスワップの問題が発生している仮想マシンが多く存在します」というアラートが含まれる行を選択し、キャンセル をクリックして、リストからこのアラートを削除します。

    このアラートは、新しいハードウェアが現れるまでは解決できない既知の問題です。

    このアラートはアラート リストから削除されますが、原因となっている状態はこのアクションでは解決されません。このアラートにおけるシンプトムはメトリックに基づいているため、このアラートは次の収集および分析サイクルで生成されます。このパターンは、原因となっている、ハードウェアおよびワークロード分散の問題を解決するまで継続します。

タスクの結果

以上で、クリティカルな健全性アラートの処理と、詳細な解決またはトラブルシューティングを行うアラートの所有権の取得が完了しました。

次のタスク

アラートに応答します。ユーザー シナリオ:健全性アラート リスト内の vRealize Operations Manager アラートへの対応 を参照してください。