vRealize Operations Manager管理インタフェースから、6.3 または 6.4 バージョンの Endpoint Operations Management エージェントを 6.5 バージョンにアップグレードできます。

始める前に

  • Endpoint Operations ManagementPAK ファイルをダウンロードします。

  • PAK ファイルを vRealize Operations Manager インストールするか、インスタンスをアップグレードする前に、カスタマイズしたコンテンツを保存するためにクローンを作成します。カスタマイズしたコンテンツには、アラートの定義、シンプトムの定義、推奨事項、およびビューを含めることができます。そして、ソフトウェアのアップデート時に、インストール済みの場合でも PAK ファイルをインストールします オプションおよび 初期状態のコンテンツのリセット オプションを選択します。

手順

  1. クラスタの vRealize Operations Manager管理インターフェイス (https://IP-address/admin) にログインします。
  2. 左パネルの ソフトウェア アップデート をクリックします。
  3. メイン パネルの ソフトウェア アップデートのインストール をクリックします。
  4. ソフトウェア アップデートの追加 ダイアログ ボックスから、参照 をクリックして、PAK ファイルを選択します。
  5. アップロード をクリックして、ウィザードの手順に従い、PAK ファイルをインストールします。
  6. インストールの手順 4 を完了したら、Endpoint Operations Management管理インタフェースの [ソフトウェア アップデート] ページに戻ります。
  7. メイン ペインに、更新が正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。

    エージェントが正常にインストールされなかった場合は、アップグレード手順に戻り、[ソフトウェア アップデートの追加 - ソフトウェア アップデートの選択] ページで PAK ファイルがインストール済みでもインストールします を選択していることを確認します。

次のタスク

ログ ファイルは、vRealize Operations Manager管理インタフェース > [サポート] ページから表示できます。