クラスタで、vRealize Operations Managerは 1 つ以上のノードから構成されます。ノードを作成するには、vSphereクライアントを使用して、クラスター ノードごとに 1 回ずつ vRealize Operations Manager 仮想マシンをダウンロードして展開します。

始める前に

  • OVF テンプレートをインベントリにデプロイする権限を有することを確認します。

  • ESXi ホストがクラスタの一部となっている場合は、クラスタ内で DRS を有効化します。ESXi ホストが非 DRS クラスタに属している場合は、すべてのリソース プール機能が無効化されます。

  • このノードがマスタ ノードとなる場合は、仮想マシンの固定 IP アドレスを予約し、関連付けられたドメイン ネーム サーバ、デフォルト ゲートウェイ、ネットワーク マスク値を把握しておきます。

    インストール後は IP アドレスの変更が困難なため、IP アドレスをそのまま使用するよう計画してください。

  • このノードが後で HA レプリカ ノードになるデータ ノードとなる場合は、仮想マシンの固定 IP アドレスを予約し、関連付けられたドメイン ネーム サーバ、デフォルト ゲートウェイ、ネットワーク マスク値を把握しておきます。

    また、HA ノードの配置について「vRealize Operations Manager の高可用性について」の説明を読んで理解を深めておきます。

  • デプロイされた仮想マシンの名前が英字(a~z)または数字(0~9)で開始および終了し、英字、数字、またはハイフン (-) だけが含まれるように、ドメインとマシンの命名を事前に計画してください。ホスト名または完全修飾ドメイン名 (FQDN) には、アンダースコア (_) を含めることはできません。

    インストール後は名前の変更が困難なため、名前を保持するよう計画してください。

    詳細については、Internet Engineering Task Force によるホスト名の仕様を確認してください(www.ietf.org を参照)。

  • ノードの配置とネットワークは、「一般的な vRealize Operations Managerクラスタ ノードの要件」と「vRealize Operations Manager クラスタ ノードのネットワーク要件」で説明されている要件を満たすようにあらかじめ計画しておきます。

  • vRealize Operations Managerクラスタで IPv6 アドレスを使うことになる場合は、「vRealize Operations Managerでの IPv6 の使用」の説明を読んで IPv6 の制約事項を確認します。

  • vSphereクライアントにアクセスできる場所に、vRealize Operations Manager .ova ファイルをダウンロードします。

  • 仮想マシンをダウンロードし、そのファイル拡張子が .tar の場合は、ファイル拡張子を .ova に変更します。

  • vSphereクライアントのあるvCenter Server システムに接続していること、および vSphere クライアントを使用してそのシステムにログインしていることを確認します。

    vRealize Operations Managerを ESXi ホストから展開しないでください。展開は、vCenter Serverからのみ行ってください。

手順

  1. vSphereDeploy OVF Template オプションを選択します。
  2. vRealize Operations Manager.ova ファイルへのパスを入力します。
  3. ノード名の入力を求められるまで画面の指示に従います。
  4. ノード名を入力します。たとえば、Ops1Ops2Ops-AOps-B などです。

    ノード名には、アンダースコア (_) などの非標準の文字を含めないでください。

    vRealize Operations Managerノードごとに別の名前を使用します。

  5. 構成サイズの選択を求められるまで画面の指示に従います。
  6. 必要なサイズ構成を選択します。ここでの選択はディスク サイズに影響しません。

    選択したサイズに関係なく、デフォルトのディスク領域が割り当てられます。予想されるデータに対応するために追加の領域が必要な場合は、vApp の展開後にディスクを追加します。

  7. ディスク フォーマットの選択を求められるまで画面の指示に従います。

    オプション

    説明

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクのタイプを作成します。シック プロビジョニング (Eager Zeroed) フォーマットは、基になるストレージ サブシステムに応じてパフォーマンスを改善できます。

    可能であればシック プロビジョニング (Eager Zeroed) オプションを選択します。

    Thin Provision

    シン フォーマットのディスクを作成します。このフォーマットを使用してストレージ容量を節約します。

    スナップショットは、仮想マシンのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があり、通常はvRealize Operations Managerのワークロードが 25~30 % 低下することになります。スナップショットは使用しないでください。

  8. Next をクリックします。
  9. ドロップダウン メニューで、ターゲット ネットワーク(ネットワーク 1 = テスト など)を選択して 次へ をクリックします。
  10. [プロパティ] の [アプリケーション] の [タイムゾーンの設定] で、デフォルトの UTC のままにするか、タイム ゾーンを選択します。

    UTC に統一するのが望ましいアプローチです。または、すべてのノードを同じタイム ゾーンに構成します。

  11. (任意)IPv6 のオプションを選択します。
  12. [ネットワーク プロパティ] の下のエントリは、DHCP の場合は空欄のままにしておき、それ以外の場合はデフォルト ゲートウェイ、ドメイン ネーム サーバ、固定 IP アドレス、ネットワーク マスク値を入力します。

    マスター ノードとレプリカ ノードには固定 IP が必要です。データ ノードまたはリモート コレクタ ノードは、DHCP または固定 IP を使用できます。

  13. Next をクリックします。
  14. 設定内容を確認して、終了 をクリックします。
  15. 複数ノードの vRealize Operations Managerクラスタを作成する場合は、このすべての手順を繰り返して各ノードを展開します。

次のタスク

Web ブラウザ クライアントを使用して、新しく追加したノードをvRealize Operations Managerマスター ノード、データ ノード、高可用性マスター レプリカ ノード、またはリモート コレクタ ノードとして構成します。マスター ノードが最初に必要です。

注意:

セキュリティ上の理由で、vRealize Operations Manager には、信頼できないまたはパッチが適用されていないクライアント、あるいはブラウザ拡張を使用するクライアントからアクセスしないでください。