環境内の既存の SNMP トラップ サーバにアラートを記録するように vRealize Operations Managerを構成する場合、SNMP トラップ プラグインを追加します。

始める前に

SNMP トラップ サーバが環境に構成済みであること、使用する IP アドレスまたはホスト名、ポート番号、およびコミュニティを知っていることを確認します。

このタスクについて

SNMP トラップとして送信されたアラートのすべてのフィルタリングはターゲット ホストで発生する必要があります。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、管理 アイコンをクリックします。
  2. 送信設定 をクリックし、プラス記号をクリックしてプラグインを追加します。
  3. プラグイン タイプ ドロップダウン メニューで、SNMP トラップ を選択します。

    ダイアログ ボックスが展開して SNMP トラップ設定が表示されます。

  4. インスタンス名 を入力します。
  5. 環境に適切な SNMP トラップ設定を構成します。

    オプション

    説明

    ターゲット ホスト

    アラートの送信先の SNMP 管理システムの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名。

    ポート

    SNMP 管理システムへの接続に使用されるポート。デフォルト ポートは 162 です。

    コミュニティ

    統計情報へのアクセスを許可するテキスト文字列。SNMP コミュニティの文字列は、SNMPv1 と SNMPv2c プロトコルをサポートするデバイスでのみ使用されます。

  6. 保存 をクリックします。

タスクの結果

SNMP トラップ プラグインのインスタンスが構成され、実行中になります。

次のタスク

プラグインが追加されたら、SNMP トラップを受信するための通知を構成します。